いらっしゃいませ ゲストさん

ミネラルファンデーションのエトヴォス TOP > 特集ページ > もっと私を好きになる、 秋の「温もり」メイク

2017.08.25

  • メイク

ひとさじの温度で、色気のある大人キレイにもっと私を好きになる、秋の「温もり」メイク

今回教えてくれた人

小田切ヒロさん
小田切ヒロさん
ヘア&メイクアップアーティスト、ラ・ドンナ所属。多くの広告やメディアで活躍中。書籍「小田切流 小顔道」が好評。

秋のトレンドメイクを提案してくれたのは、雑誌やイベントでも引っ張りだこの人気ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさん。「肌はあまり作り込まず、シンプルにするのが今の気分。頑張りすぎず、目や唇などどこか1点にポイントを作って、抜け感のある大人のおしゃれ感を表現したいですね。赤口紅も引き続き人気ですが、直球の赤よりも黄みや青みを含んだカラーを選ぶと今年っぽくなります」

大人センシュアルメイク

色みは強くないけれど、ほんのりと色香が漂って美しい。
2017年秋のトレンドを代表する、大人のセンシュアルメイクです。

How to use
eye01
赤みブラウンで色気を仕込む

アイシャドーのAとBを太チップでとり、アイホール全体にしっかりとのせて色を出す。

eye01
ペールアプリコットでふんわり感プラス

Cを太めブラシにとり、眉下にかける。チップでのせた色をふんわりぼかすイメージ。

eye01
下まぶたも締めて目の存在感UP

AとBを細チップでとり、下まぶたの目尻側4/5に細くのせ、目の陰影を際立たせる。

How to use
skin01
クルクル磨いてツヤある美肌に

ファンデをブラシにとり、手の甲で量を調整して磨くようにクルクル塗る。肌の凹凸になじみ、自然なツヤが出る。

eye01
オーラ肌の秘訣は3点ハイライト

眉間と左右の目頭に、ハイライトを指でのせる。この位置に輝きを仕込むと誰でも美人度がアップする便利テク。

eye01
指トントンでなじませる

3点起きしたハイライトを指でトントンなじませ、ファンデとの境目をなくす。薬指を使うと力が入りすぎず◎。

How to use
骨格を強調しつつ 頬はカラーレスに

をブラシにとり、耳横のくぼみからこめかみ、目尻、頬中央、頬下に向かって4本のラインをひくようにのせる。血色はあえてのせず、骨格を強調してヌーディな色っぽさを演出すること。

How to use
ぷっくり感を出して自然な色香を演出

センシュアルな目元を主役にするため、唇も自然な色みのプランパーのみを使用。唇の山にそって丁寧に塗り、ぷっくり立体感とツヤ感を演出。素の唇が色っぽいかのような自然さがポイント

おしゃれモードメイク

触れたらじゅわっと湿度を感じそうな、一点の曇りもない肌。今旬のスキントーンをモードなオレンジでおしゃれに染め上げて。

おしゃれモードメイク

skin

eye

クリーミィタップ
ミネラルファンデーション
クリーミィタップ ミネラルファンデーション
ナチュラル
SPF42PA+++
How to use
eye01
スポンジくるくるで色をうつして

ファンデの上でくるりと回すようにして、スポンジの大きな面にファンデ適量をうつしてとる。

eye01
中心から外にトントンづけ

スポンジをすべらせるのではなく、内から外へトントンさせながら頬や額につける。

eye01
小鼻と目まわりは先端で細かく

スポンジの先端の突起部分にファンデをとり、小鼻周りや目元にトントン塗る。

eye

eye

ミネラルクリア
リップ&チーク
ミネラルクリアリップ&チーク
ネーブルオレンジ
ミネラル
クラッシィシャドー
ミネラルクラッシィシャドー
ロイヤルブラウン
How to use
eye01
チークをまぶたに!洗練の大胆発想

リップ&チークを指にとり、上まぶた全体にオン。下まぶたのキワにも小指でのせる。

eye01
パウダーをかけてアイカラーをFIX!

アイシャドーのAを太いブラシにとり、上まぶた全体にふわっとかけてヨレを防止。

eye01
細いブラシでシャドーラインに

アイシャドーのBを細いブラシにとり、上まぶたのキワにごく細く隠しラインに入れる。

cheek_lip

cheek

ミネラルクリア
リップ&チーク
ミネラルクリアリップ&チーク
ネーブルオレンジ
ミネラル
リッププランパー
ミネラルリッププランパー
シアーブラック
How to use
eye01
シェーディング的にチークをオン

薬指にリップ&チークをとり、頬骨からやや下に入れて陰影を強調。エッジをファンデのスポンジでぼかす。

eye01
指でのせてナチュラル発色に

薬指にとったリップ&チークを唇にのせる。トントンづけではなく伸ばすイメージで、全体に均一に。

eye01
黒プランパーでトーンを調整

黒のミネラルリッププランパーを唇に重ね、ややアンダーなトーンに。ムラにならないよう唇全体にオン。

ニュークラシックメイク

凛とした表情が似合う赤は、誰もが美人に見える魔法のカラー。 トレンド感も漂うモダンなニュアンスを加えた赤リップで、クラシックなメイクを楽しんで。

ニュークラシックメイク

How to use
skin01
直接塗りで、鮮やかリップに

口を軽く開けた状態で、リップを直接塗る。口角からきっちりラインをとるよう意識。

skin01
中央に重ねて立体感を演出

全体に塗ったら、中央部分に色を重ねて立体感を出す。上唇の山もきっちり描くこと。

How to use
skin01
温めて肌に密着するベースに

ベースを手のひらに1〜2プッシュ出す。両手を合わせて伸ばし、手のひらの体温を伝えてゆるめる。

skin01
手でパックする感覚でオン

手のひらに伸ばしたベースを、スキンケアするような感覚で顔全体を包み込みながらプレスづけする。

How to use
skin01
明るめモーブを広く仕込む

アイシャドーのAを太いブラシにとり、上まぶたにのせる。眼球全体にかかるよう広い範囲に。

skin01
パープルをライン的にオン

Bを細いチップにとり、上まぶたの目尻側1/3と下まぶたのキワに、細いライン的に入れる。

How to use
中央寄りチークで目元とバランス

チークを頬中央から内側に、逆三角形にのせる。チークが内側寄りだとシャドーのラインが引き立つ効果も。

ページトップ