9,665 views
 
Loading

#SKINCARE

ETVOSスタッフが指南 “今の私に合ったケア”で、肌の今&未来が変わる‼︎

#スキンケア #保湿

今使っているコスメが肌に合っているのかわからない、何を塗っても肌が乾く、 年々悩みが複合的になってきた…スキンケアに関するお悩みは人それぞれ。
ETVOS(エトヴォス)には、各年代の肌タイプ別に寄り添ったスキンケアラインが揃っています。
今回は、エトヴォス製品の魅力を熟知しているスタッフ2名が指南役を担当。
自身の体験談も交えながら、おすすめの製品や熟知しているからこその使い方をご提案します。
さっそく、皆さんも下の4つのタイプから、今の肌状態に合ったものを選んでください。 きっと、変化を感じ、今までと違う毎日が続くはず!

TOPICS

エトヴォスの敏腕スタッフ2名がレクチャー!
「私たちがベストアイテムと裏ワザを教えます」

原田友美
エトヴォス カウンセリング販売部 教育G
トレーナー

40代。エトヴォス製品の魅力を伝えるビューティプランナーのトレーナーとして活躍。自身の肌悩みは、複合的な年齢サイン。バイタライジングシリーズとアルガンオイルを愛用中。

山田佳奈
エトヴォス カウンセリング販売部
セールストレーナー

30代。教育係として全国の店頭へ出向き、実地トレーニングを担当。肌悩みは毛穴の目立ちやくすみ。バイタライジングリンクルクリームやアルティモイストラインがお気に入り。

TypeA

20代後半で、乾燥肌か敏感肌の人なら…

「モイスチャーライン」に“プレエイジング保湿ケア”をプラス
※年齢に応じたうるおいケア

山田:お客さまと接する機会に感じるのですが、20代でも結構肌が乾燥している方や過敏な方が多いです。マスク生活も関係していますね。

原田:肌に塗布するスキンケアの量が足りないとか、お手入れの際に強めに肌を引っ張ったりこすったりしていることも大きいわよね。

山田:そこでおすすめしたいのが、モイスチャーラインのローションとクリーム。マイナスレベルからゼロレベルへ、肌を整えてくれます。さらに、気になり始めた角層やキメの乱れなどのプレエイジングサインのために、アルティモイストのセラムを組み込んでみてください。今だけでなく、未来の肌も乾燥から守りましょう!

COMMENT
山田:ハンドプレスしながら丁寧に角層まで浸透させればうるおいあふれるふっくら肌に。

山田的・裏ワザ

1.ローションは 乾きやすい部分からのせる
洗顔後、肌に最初にのせるローションは、頰など乾きやすい部分から。500円玉大を手のひらに取り、両手でやさしくプレスしながらなじませて。乾燥しやすいときは重ねづけします。
2.セラムは 乾燥しやすい部分に重ねづけ
2プッシュ出して全顔になじませます。さらにもう1プッシュ分を乾きやすい目元や口元に重ねづけしましょう。
3.クリームは 手のひらで温めてからオン
まず1〜2プッシュ分を手のひらで温めてテクスチャーをゆるめます。肌になじませる際も肌を引っ張らないように包み込んで。首の方までしっかりなじませます。

TypeB

30代後半で、混合肌の人なら…

“さっぱりローション”と“しっとりセラム”のベストコンビを

山田:乾燥するだけでなく、ニキビやテカりやが気になるコンビネーション肌に悩む人も多いですよね。何を使ったらいいの? という相談をよく受けます。

原田:乾燥によってキメが乱れてしまったり、毛穴詰まりしていることで、ファンデーションのノリも悪いことも悩みのひとつになっているものね。

山田:そこでおすすめしたいのが、薬用 アクネVCローションI[医薬部外品]とアルティモイストセラムのコンビ。ビタミンC誘導体※1や甘草エキス※2配合のローションがニキビを防ぎます。また、ヒト型セラミド※3とナイアシンアミド※4配合のセラムが、うるおうことで乾燥による肌荒れを防いでくれ、すこやかな肌へと導きます。

※1 有効成分:3-O-エチルアスコルビン酸
※2 有効成分:グリチルリチン酸2K
※3 保湿成分:セラミドEOP、NG、NP、AG、AP
※4 保湿成分
COMMENT
山田:保湿しながら肌を整えることができる最適ケア。ベストバランスの肌をキープできます。

山田的・裏ワザ

1.ローションは一度、 コットンでふき取る
お風呂上がりすぐに、ローションをコットンにたっぷり浸して顔全体をふき取ります。
2.さらに、ローションを 重ねづけして肌を整える
ローションを今度は手に取り、包み込むように肌にのせます。浸透性の高いビタミンC誘導体などが角層のすみずみにまで届き、保湿します。
3.セラムは 乾きやすい部分からのせる
セラムはのせる順番が大事。乾きやすい頰や目元から先にのせ、皮脂分泌の多いTゾーンや小鼻周りは最後に。小鼻周りなどはつけ足さず指に残った分でOKです。

TypeC

30代後半で、乾燥肌の人なら…

“オイル美容”を組み込んで、乾く隙を与えない

原田:何を塗っても乾く、という30代後半の方に絶対的におすすめしたいものがあるの。

山田:それは聞きたい!まさに私がそうです。特に30代後半におすすめ、とあれば是非聞きたい!

原田:じゃーん。このアルガンオイル。いろいろなオイルがある中でも効果が高いんです。私はブースターとして愛用中。 小さなお子さんがいてスキンケアするヒマがない! というママにもおすすめです。 お風呂から出る直前にアルガンオイルを塗っておくのがポイント。そうすると、お子さんの世話を優先しても乾燥しにくいんです。通常のスキンケアをするまでの間の乾燥を防ぎ、さらにスキンケアのなじみもよくしてくれますよ。

COMMENT
原田:各アイテムの前にアルガンオイルを挟むと、肌なじみがよくなります!

原田的・裏ワザ

アルガンオイルをスキンケアに挟んでいく
アルガンオイルを洗顔後すぐとお手入れの最後に使います。乾燥が気になるときは、オイル→化粧水→オイル→セラムというふうに、スキンケアアイテムの前に挟むとさらに、スキンケアのなじみがアップします。プレエイジング保湿ケアのアルティモイストラインのお手入れのお伴に、是非。
※ 年齢に応じたうるおいケア
アルガンオイルを100円玉大ほど手のひらに取り、顔全体を軽くマッサージしてほぐします。
アルティモイストローションを、乾燥肌は特にたっぷり、コットンの裏に浸みるくらいまで含ませます。
コットンで顔全体をやさしくふき取ります。そのあとは普通にセラムをのせてもよし、 もう一度オイルを挟んでもよし。肌の乾燥具合によってオイルを活用してください。

TypeD

40代以降で、乾燥肌の人なら…

高保湿ケアと、目立ち始めたエイジングサインのケアを

原田:40代になると、乾燥はエイジングの大敵に。小ジワやたるみ、くすみなど悩みが複合的に増えてくるのよね…。

山田:そうなると、やはりバイタライジングをライン使いするのがいいですかね?

原田:そうね、今までと同じ保湿ケアではダメ。肌にうるおいやハリを与える“植物幹細胞エキス※1”に着目したラインで、本格エイジングケア※2をしてください。それに、目元や口元の乾燥小ジワにアプローチするリンクルクリームもプラスすれば鬼に金棒! どれもシンプルなステップが魅力です。

※1 保湿成分:アルガニアスピノサカルス培養エキス、リンゴ果実培養細胞エキス
※2 年齢に応じたお手入れ
COMMENT
原田:贅沢なエイジングケアができる、たっぷりの美容成分を配合したライン使いで、ハリ・ツヤのある肌に。

原田的・裏ワザ

1.アルティモイストラインを マッサージしながら入れ込む
まず、アルティモイストローションをたっぷりハンドプレスで浸透させて肌をやわらかくほぐします。それからバイタライジングリンクルクリームを乾燥が気になる部分から塗り始め、顔全体に塗り広げます。日中の乾燥が気になる部分には重ねづけを。
※角層まで
2.バイタライジングリンクルクリームを 指の腹でやさしくなじませる
基本、夜のケアの最後に。少量にすれば朝のメイク前にも使えます。目元や口元に点置きしてから指の腹でやさしくクルクルマッサージ。目元の乾燥小じわや口元の気になるところなどは指で広げて塗り込むようになじませて。

原田:ちゃんと毎日鏡を見て、肌の変化に気づいてあげられるかどうかが美肌キープの鍵。皆さんも、肌が求める最適なスキンケアをしてみてくださいね。

山田:自分の肌は毎日さまざまなダメージと闘っています。ぜひ、丁寧に労ってあげてください。スキンケアに迷ったら、エトヴォスの店頭へお気軽に相談に来てくださいね。

PRODUCTS紹介したアイテム

RELATED ARTICLES関連記事