45,355 views
 
Loading

#SKINCARE

明日の肌に自信がもてるスキンケア

#エイジングケア #スキンケア #ニキビケア #プレエイジング保湿ケア #保湿

最近、使っているスキンケアがなんだかもの足りない、もっと今の自分の肌にピッタリのケアをしたい…と、感じている方に。
ETVOSの4種類のスキンケアラインから、あなたの肌にベストなラインを探してみませんか︖
本当に肌が求めるケアをしてこそ、肌はすこやかに美しくランクアップするもの。
キレイを日々更新できるスキンケアとの出合いましょう︕

TOPICS

LINE1乾燥が気になる方に
セラミドをキーとしたベーシックな保湿ケア
「モイスチャーライン」

うるおいを与えるだけではなく保つために、肌への親和性の高い「セラミド」に着目した保湿ライン。
保湿力を重視し、「ヒト型セラミド」「リピジュア®※1」「ヒアルロン酸」といったこだわり抜いた保湿成分を厳正して配合することで、うるおいに満ちた肌へと導きます。

モイスチャライジングローションはとろみがありながらつけた瞬間にスッと肌に浸透※2
植物性セラミドの1種、「グルコシルセラミド※3」などが角層のすみずみまで浸透し、水分保持力に優れた「リピジュア®※1」が肌表面のうるおいを守りダブルで保湿。

モイスチャライジングセラムはさらりとした感触で肌にすっとなじみます。
5種の「ヒト型セラミド※4」をバランスよく高濃度※5で配合。
うるおいが持続します。

モイスチャライジングクリームは5種の「ヒト型セラミド※4」のほか、4種のビタミン※6や9種の植物エキスを配合。
こっくりとしたテクスチャーで肌を守ります。
ライン共通の天然ラベンダーの香りが肌も心も心地よく包み込みます。

お手入れのポイント 肌への親和性が高いセラミドスキンケアなので、肌にすっとなじみます。
ライン使いするときは特に1品ずつをしっかり入れ込んでから次のアイテムをのせましょう。
適量を両手のひらにのばし、ゆっくりとハンドプレスしながら入れ込みます。
スタッフが語る「ここが魅力」
エトヴォス カウンセリング販売部
セールストレーナー 山田佳奈

「乾燥して敏感に傾いた肌でも使えるライン。乾燥による肌トラブルに悩んでいる方におすすめです。次第に肌がしっとりうるおって整うはず。」

※1 保湿成分:ポリクオタニウム-51(『リピジュア®』は日油株式会社の登録商標です)
※2 角層まで
※3 保湿成分
※4 保湿成分:セラミドEOP、NG、NP、AG、AP
※5 当社製品内
※6 整肌成分:ビタミンA誘導体(パルミチン酸レチノール)、ビタミンB誘導体(パンテノール)、ビタミンC誘導体(テトラへキシルデカン酸アスコルビル)、ビタミンE(トコフェロール)

LINE2保湿ケアだけではもの足りない方に
セラミド+ナイアシンアミドの
「プレエイジング保湿ケア※1

※1 年齢に応じたうるおいケア

加齢と共に起こりがちな“角層の乱れ”に着目し、エトヴォス独自の複合保湿成分「セラミディアル®コンプレックス※2」を配合。
「ヒト型セラミド」に「ナイアシンアミド」を融合させた、プレエイジング保湿ケア※1
使うほどにうるおいを蓄える肌へと導きます。

アルティモイストローションはとろみのあるしっとりタイプ。
大阪泉州産の水ナス由来の美容成分「ナス果実エキス※3」と、2種のヒアルロン酸※4を配合し、肌に水分を蓄えます。

アルティモイストセラムは美容液と乳液を1本で叶えるような保湿効果が特徴。「ナツメ果実エキス※3」がナイアシンアミド※3のブースター※5となりしなやかな肌へ。 水のうるおい成分とオイルのうるおい成分のダブルの保湿効果で肌を守ります。

お手入れのポイント ライン使いがおすすめ。角層をうるおいで満たし、しなやかな肌に導きます。
1品1品を丁寧にのせて、乾燥やくすみ※6など気になる部分には重ねづけします。
スタッフが語る「選び方の極意」
エトヴォス カウンセリング販売部
ビューティトレーナー 原田友美

「通常の乾燥やゆらぎにはモイスチャーラインを。乾燥以外に、生活習慣や加齢によってエイジングサインが気になり始めたら、アルティモイストラインを選んで。」

※1 年齢に応じたうるおいケア 
※2 保湿成分:ヒト型セラミド(セラミドEOP、NG、NP、AG、AP)、ナイアシンアミド
※3 保湿成分
※4 保湿成分:加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na
※5 保湿成分でサポートすること
※6 乾燥による

LINE3毛穴※1、肌荒れ※2、くすみ※3といった肌悩みのある方にセラミド+ビタミンC誘導体の
「ニキビ※4・毛穴ケア」

※1 キメを整え、肌を引き締めることで毛穴を目立たなくすること
※2 保湿による肌荒れ予防のこと
※3 乾燥やキメの乱れによるもの
※4 薬用 アクネVCローションⅠ【医薬部外品】、薬用 アクネVCクリームジェルⅠ【医薬部外品】のみ

エトヴォスの誕生ときっかけになった、ビタミンC誘導体(整肌成分)をキーとしたライン。
肌トラブルの起きにくい、つるりとした肌を目指します。
アイテムによって異なるビタミンC誘導体※1,2,3を配合し、ラインで使用するごとに肌のキメを整え、ハリのあるすこやか美肌へ導きます。

薬用 アクネVCローションⅠ【医薬部外品】は、さっぱりとしたつけ心地ながら、つけたあとの肌はしっとり。
即効性と持続性を兼ね備えた「進化型ビタミンC誘導体※1」などの有効成分を配合し、ニキビを防ぎながら、美白ケア※4も同時に叶えます。

薬用 アクネVCクリームジェルⅠ【医薬部外品】(美容液)はなめらかな乳液状。
有効成分「持続型油溶性ビタミンC誘導体※2」がメラニンの生成を抑えて日焼けによるシミ・そばかすを防ぎ、有効成分「甘草エキス※5」がニキビを予防。
さらに、3種類配合された保湿成分「ヒト型セラミド※6」がうるおすことで、バリア機能が乱れてゆらぎがちな肌をすこやかに。

バランシングVCクリアスポッツは、「安定型ビタミンC誘導体※3」がキメを整えるだけでなく、「アゼライン酸誘導体※7」が、繰り返すキメや角層の乱れといった肌トラブルにピンポイントにアプローチ。
さらさらの透明ジェルなので、日中もメイクの上からケアできます。

お手入れのポイント ローションやクリームジェルは全顔に適量を丁寧に。気になる部分には重ねづけをします。
クリアスポッツは、ザラつく部分、テカりや化粧くずれが気になる部分に予防的に使えるほか、日中のメイクの上からも使えるのが特長です。
スタッフが語る「ここが魅力」
エトヴォス カウンセリング販売部
セールストレーナー 山田佳奈

「ニキビ・毛穴ケアに加えて、美白ケア※3までも叶える一石二鳥ライン。特にローションは、さっぱりした使用感なので、コットンで拭き取るとすっきりして気持ちいいですよ!」

※1 有効成分:3-O-エチルアスコルビン酸(薬用 アクネVCローションⅠ【医薬部外品】に配合)
※2 有効成分:テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビルEX(薬用 アクネVCクリームジェルⅠ【医薬部外品】に配合)
※3 整肌成分:ビスグリセリルアスコルビン酸(バランシングVCクリアスポッツに配合)
※4 メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ
※5 有効成分:グリチルリチン酸2K
※6 保湿成分:N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン(セラミドNG)、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン(セラミドNP)、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン(セラミドAP)
※7 整肌成分:アゼロイルジグリシンK

LINE4ハリ不足や乾燥といった年齢サインが出てきた肌に
セラミド+植物幹細胞エキス※1
「エイジングケア※2

※1 保湿成分:アルガニアスピノサカルス培養エキス、リンゴ果実培養細胞エキス
※2 年齢に応じたお手入れ

肌にハリとうるおいを与える「植物幹細胞エキス※1」に着目。
40歳を過ぎると、肌のセラミドは20歳の頃の約半分に減少してしまうといわれています。
そこで、5種類の「ヒト型セラミド※3」をバランスよく配合。使うほどに肌を整えます。

バイタライジングローションはしっとりとしたとろみ系。
肌なじみがよく、もちっとしたハリのある肌に。「アルガン幹細胞エキス※4」を配合し、弾むハリ肌へと導きます。

バイタライジングクリームは肌にハリとうるおいを与える「リンゴ幹細胞エキス※5」を配合。
さらに、5種のヒト型セラミドやアミノ酸(天然保湿因子)など保湿成分をたっぷりと配合し、コクのあるテクスチャーで肌をうるおします。

バイタライジングリンクルクリームは、デリケートな目元や口元の乾燥小ジワも目立たなく※6します。 少量にすれば朝のメイク時も使えて、ハリ感のある目元・口元に。

お手入れのポイント 適量を手のひらに取り、両手のひらで温めてから使用します。
このひと手間でテクスチャーがさらに緩み、肌なじみが格段にアップします。
乾燥や乾燥小ジワが気になる部分には丁寧に重ねづけしてください。

スタッフが語る「選び方の極意」

エトヴォス カウンセリング販売部
ビューティトレーナー 原田友美

「バイタライジングラインは、乾燥やハリ不足といった、本格的なエイジングサインにアプローチします。たっぷりの保湿美容成分で普段のスキンケアから格上げしたエイジングケア※2にスイッチしたい方におすすめのラインです。」

※3 保湿成分:ヒト型セラミド(セラミドEOP、NG、NP、AG、AP)
※4 保湿成分:アルガニアスピノサカルス培養エキス
※5 保湿成分:リンゴ果実培養細胞エキス
※6 効能評価試験済

肌トラブルを未然に防ぐためには、毎日肌を見て、触って状態をチェックすること。
肌の求めるスキンケアと出合うことで、今日の自分も労れるはず。
そして、未来の自分が笑顔でいられるよう、あなたにぴったりなスキンケアでもっともっとキレイを目指して︕

RELATED ARTICLES関連記事