mv

乾燥、肌荒れ乗り切りテク

乾燥はもちろん、肌荒れなど肌悩みが尽きない シーズンに。
ETVOSスタッフの乗り切りテクをご紹介します。

mv

FILE.1マーケティング部 辻 奈緒子(41)

保湿重視の敏感肌。首まで入念ケア!

肌が乾燥しやすく、しかも油分多めのケアだと肌が荒れるのでみずみずしい保湿がメイン。 年齢による肌悩みが出やすい首もケアが鉄則。

mv

1.土台の化粧水を惜しみなく

たっぷり3振りのモイスチャライジングローションを、顔から首やデコルテまでなじませる。 乾きやすい部分はさらに重ねて。

mv

2.美白※1セラムは頬に集中投下

薬用 ホワイトニングクリアセラムを、肌悩みが気になる頬に重点的に乗せてから顔全体に。シミ予防のため通年使用がおすすめ。

mv

3.保湿セラムを首までたっぷり

テクスチャーが柔らかくなじませやすいモイスチャライジングセラムを顔から年齢による肌悩みの出やすい首まで丁寧になじませて。

mv

4.乾く季節はバームを部分使い

目元など乾燥が特に気になる季節はミネラルトリートメントバームを直接のせ指でなじませる。

mv

FILE.2海外事業部 マネージャー 渡辺 陽子(45)

エイジングケア※2も肌荒れも賢く対策

乾燥性敏感肌。アイテムをうまく使い分けることで、エイジングケア※2も肌の乾燥も効率よくケア。

mv

1.基本のうるおいをメリハリづけ

濃厚なとろみがありつつベタつかないエイジングケア※2ラインのバイタライジングローションを全顔になじませる。乾燥しやすい目周りには特に入念に重ねる。

mv

2.肌荒れは濃厚セラムで防御

モイスチャライジングセラムを全顔にオン。セラミド配合量が多いので乾燥の気になる季節に使うと肌が落ち着き、刺激に負けない肌に。

mv

3.高保湿クリームで小ジワもしっとり

バイタライジングクリームを全顔になじませる。これ1つでお手入れが完了し、軽やかなテクスチャーがお気に入り。

mv

4.気になるポイントは重ねづけ

バイタライジングリンクルクリームを目尻や眉間、口元にオン。「小ジワに対し指をギザギザに動かします。乾燥等のエイジングケア※2に。」

mv

FAVORITE

左から、
バイタライジングリンクルクリーム
4,950円(税込)

バイタライジングクリーム
7,480円(税込)

モイスチャライジングセラム
4,400円(税込)

バイタライジングローション
5,280円(税込)



※1 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
※2 年齢に応じたお手入れのこと