北欧、暮らしの道具店×ETVOS

※このコンテンツは、株式会社クラシコムが運営するWEBサイト「北欧、暮らしの道具店」に掲載いただいた記事を先方の許可を得て転載しています。

【BRAND NOTE】スキンケアは、暮らしの大事な1パーツだから。ゆれる肌のそばに置きたいアイテムって?

編集スタッフ 齋藤

編集スタッフ 齋藤

image1

肌が変化した今、自分に合うスキンケア迷子です

季節の変わり目で肌荒れが起こる、乾燥を感じることが多くなった、なんだか肌に元気がない……と、今この年齢になって「これが噂のゆらぎ肌?」と意識することが増えました。

肌の調子がいい時も悪い時も、どんな時にもわたしの味方になってくれ、頼れる。自信をくれるアイテムがあったら……そうして、いくつアイテムを試してきたことでしょうか。

毎日肌に直接つけるからこそ、納得して選びたいし、良さも実感したい。自分のスキンケアに自信が持てるのって、日々の暮らしに納得できている、というくらい大きな存在だと思います。

モイスチャーライン

今回BRAND NOTEでご紹介するのは、そんな肌の悩みを解決するために、皮膚科学に基づいて開発された「ETVOS(エトヴォス)」のスキンケアシリーズ。

前回はメイクについてお届けしましたが、メイクとスキンケアは肌にとって切っても切れない2つの大きな軸。スキンケア発想で生まれたメイクシリーズの根底には、ETVOS誕生の柱であるスキンケアの開発がありました。

そこでこの記事では、ETVOS担当者と一緒に、敏感肌や、歳を重ねたことで考えたいゆらぎ肌への向き合い方をお届けします。

どうして肌の調子には波があるのだろう?

ETVOS PRの初坂さん。中学1年生と小学1年生姉妹のお母さんでもあります。

▲ETVOS PRの初坂さん。中学1年生と小学1年生姉妹のお母さんでもあります。

産後、30歳を過ぎたあたりから、乾燥のしやすさや肌荒れなどを感じることが増えたように思います。これも「ゆらぎ」なのでしょうか?

初坂さん:
「何かの要因によって、肌の潤いを守るバリア機能が壊れると『ゆらぎやすい肌』となります。

中でも、多くの人が悩まされているのが『乾燥』です。乾燥といっても、カサカサの状態だけではなくて。乾燥することによるかゆみや、肌のべた付き、赤み、肌荒れが起こることも。

ですので、乾燥はゆらぎの一番の大敵!と考えて、いかに潤いを保つかが、ゆらぎを防ぐ近道だとETVOSは考えています」

普段の生活の中で、乾燥を防ぐことは可能なのでしょうか?

初坂さん:
「屋外なら、紫外線からのダメージを防ぐことが第一。屋内では、肌を湿らせることが重要なので、加湿器やタオルを干すなどして湿度60%を目安に保ちます。

一方で、代謝の良さをキープするために、適度な運動、ストレッチ、半身浴、白湯を飲むことも有効です。

とはいえ、常にそれらを気にしていることは難しい……そこで、わたしたちが乾燥によるゆらぎから肌を守るためにオススメしたいのが、ETVOSの『モイスチャライジングシリーズ』です」

肌荒れへの悩みから生まれたスキンケア

(左から)ローション、セラム、クリーム(全てモイスチャライジングシリーズ)

▲(左から)ローション、セラム、クリーム(全てモイスチャライジングシリーズ)

初坂さん:
「実はETVOSは、創業者が20代後半だった頃、彼女自らが大人ニキビに悩まされたことをきっかけに生まれました。

肌荒れを解決するために、同じ悩みを持つ女性にも届けたいと、自ら監修してくれる『肌の専門家』を探し、研究を重ねます。その後、皮膚科学に基づきながら、肌に本当に必要なことを第一に考えて開発されたのがこのシリーズです。

注目したのは『セラミド』。肌の基礎力である『バリア機能』が整っていると、肌の中でたっぷり水分を維持することができます。このバリア機能を整えるのが、セラミドの役割です。

セラミドが減ると、肌の中の水分がどんどん蒸発してしまい、肌のキメが乱れてしまう。それをダイレクトに補えるのが、モイスチャライジングシリーズです」

自分の力で作ることができるセラミドの量は、20代と40代で比べると半分ほどに減ってしまうのだとか。

▲自分の力で作ることができるセラミドの量は、20代と40代で比べると半分ほどに減ってしまうのだとか。

ETVOSでは「ヒト型セラミド(保湿成分)」を配合としていると聞きました。それって、よく耳にする一般的なセラミドとは違うのでしょうか?

初坂さん:
「ヒト型セラミドは、人の肌の中にもともと備わっているセラミドと同じもので、さらに構造(※)まで同じものを採用しています。それが、私たちの肌の角層まで浸透しやすくなっている理由です。

セラミドの構造にここまでこだわっていることは珍しいかもしれません。

そうして、年齢の変化や乾燥によって失ってしまったセラミドを、本来の状態に近い形に戻すことで、すこやかなお肌へと導いてくれます」

※ラメラ構造

時間をかけるのは「化粧水」だけ! ETVOSがすすめる保湿ステップ

通常使いで、ローション90日分、セラム60日分、クリーム70日分が入っていますので、たっぷりと使用していただけます。

▲通常使いで、ローション90日分、セラム60日分、クリーム70日分が入っていますので、たっぷりと使用していただけます。

初坂さん:
「モイスチャライジングシリーズは、肌のうるおいや保水力に着目した『ローション(保湿化粧水)』、保湿成分ヒト型セラミド5種類(セラミドEOP、NG、NP、AG、AP)をバランス良く高濃度で配合した『セラム(保湿美容液)』の2ステップが基本。

通常は、その2本をシンプルにお使いいただき、乾燥しやすい冬場は、『クリーム』を足す特別ケアをするのがおすすめです」

(STEP1)ローションを10円玉大くらい手に出してつける
💡顔を軽く濡らすイメージ。いきなりバシャバシャつけるよりも、このあと角層まで浸透しやすくなります。

(STEP2)さらに500円玉大のローションを手に出して重ねる
💡STEP1で肌を角層まで浸透しやすい状態にしたら、さらにローションを重ねていきます。しっかりローションが肌に入ると「肌が柔らかい感触に」なります。これは潤ったサイン。さらに「ひんやり」したら肌が引き締まった合図。乾燥が気になる時には、3回ほど繰り返し浸透させるとしっとりするそう。

(STEP3)セラムを2プッシュ分出し、馴染ませる
💡手のひらで顔を包み込むように、顔の中心から外側へ全体的にやさしくなじませます。目元口元など乾燥しやすい箇所には重ねて付けます。

モイスチャライジングセラムは、セラミドを補う美容液効果のほか、肌の水分を守る乳液の効果も。肌なじみの良いテクスチャーだから、次のメイクもスムーズ。

▲モイスチャライジングセラムは、セラミドを補う美容液効果のほか、肌の水分を守る乳液の効果も。肌なじみの良いテクスチャーだから、次のメイクもスムーズ。

忙しい中でスキンケアの時間はいかに時短できるかが肝になってしまっているわたし。でも、短時間であっても上記のようなポイントをおさえるだけで、肌の状態はぐんと変わるのだそう。

初坂さん:
「スキンケアばかりに時間をかけるのは難しいですよね。でも、3分スキンケアの時間があるなら、その大半を『化粧水』の時間としてじっくり馴染ませ、顔をひんやりさせるところまで持っていっていただきたいです。

肌の角層まで浸透させることを怠ると、朝の場合はメイク乗りも悪く、崩れる原因にも。肌への浸透に時間をかけることが、結局時短にも繋がるんです。

また、スキンケアをする前の『洗顔』もとっても大事。清潔にできていないと、肌にローションが入っていきません。朝の洗顔でもTゾーンなどはしっかりめに、濃密なきめ細かい泡を使いましょう」

毎日1分でも見るクセをつければ、肌状態は変わる?

▲実際に使用してみて、肌にローションやセラムが心地よく浸透していくのが嬉しかったです。さらに、ほんのりラベンダーのいい香りがすることも満足ポイントでした。

ETVOS誕生の背景には、肌状態が悪い時にも安心して使えること、そして本当に肌が必要なものを届けることがあったと初坂さん。それは、トラブルがあった時だけでなく、日々を安心して過ごすための味方としての役割もあるように思います。

初坂さん:
「今『肌に良いものと一緒に生きていきたい』と考える方が増えていると実感しています。でも、日々の暮らしの中では、どんな肌でも揺らぐ時があって、年齢を重ねていきます。

ですから、ETVOSを使い続けていくことでバリア機能をサポートし、年齢を重ねていく中でも前向きな気持ちのままで過ごしていただけたら嬉しいなと思います。

セラミドは、20代をすぎると急激に減っていくことがわかっています。30代以上の方はもちろん、敏感肌やインナードライの方(お風呂上がりにすぐに突っ張る)など、どんな人にもオススメしたいです。

また、このシリーズは3200円~4000円の価格帯です。自信を持ってお届けできる成分が入っているので、本当はもう少し高い設定でも良いくらいなのですが、『毎日使い続けられるように』という思いのもと、この価格になっています」

もう一つ、ハッとさせられたお話がありました。

初坂さん:
「自分の肌に触れる時間って、1日の中でスキンケア時間が唯一のとき。だから、スキンケアをしている時の顔や肌を、ぜひしっかり自分の目で見ていただきたいんです。

毎日1分でも見る癖をつければ、だんだん自分の肌の状態がわかるようになります。それで、『今日はクリームを使おうか』『セラムは少なめでいいかな』なんて調整もできるようになるはずです。

忙しいと、つい時間をかけられなくなってしまいます。

でも、正しいことを一つ一つして、お肌を構ってあげれば、肌は変わると思うんです。今あるスキンケアを、しっかり活用する意識を持つだけでも、もしかしたら変化があるかもしれませんね」

味方がいれば、必要以上の不安はいらない

「どんな肌でもゆらぐ時があって、年齢を重ねる」ことに目を向けて開発されているETVOSを知り、うるおう力そのものを育てる視点に出合ったわたし。

日々のスキンケアで肌を育て、肌の観察をしていたら、トラブルが起きた時にも「肌状態は万全にしているから大丈夫」と思え、トラブルの状態や原因の見当もつくことでしょう。

どうやらわたしは、これだという味方がいないばかりに、変化に対して怖がりすぎていたのかも……

スキンケアは、暮らしにおける、一つの大事なパーツ。明日からの、鏡越しでみる自分の姿に、ちょっぴり自信が持てそうです。

【写真】神ノ川智早

人気のセラミドスキンケアがお得に試せる期間限定の「モイスチャーラインセット」の詳細はこちら