vol5
2021/06/23 ETVOSオフィシャル
メイクアップアーティストに訊く!
UVシリーズ使いこなし術 part.2

夏のUVケアとメイクのQ&A

紫外線の量も強さもピークに達するシーズン、肌の守りは抜かりなくしておきたいもの。
皮脂や汗などで崩れがちなベースメイクやUVカットアイテムをどう選び、どうつけるべきかで大きな差が生じます。
メイクアップアーティストの阿部真明がETVOSユーザーから寄せられた夏のUVとメイクの疑問にお答えします。

教えてくれたのは…

ETVOS オフィシャルメイクアップアーティスト 阿部真明
卓越した審美眼と豊富なテクニックで、美しく、しかも日常に映えるメイクを提案。
きめ細やかな白肌の持ち主で、正しいスキンケア知識とコスメを効かせるテクニックにも精通している。 ユーザー目線で簡単に取り入れやすいワザに定評があり、ETVOSのアイデンティティを支える一人として活躍中。

Q.1日家にいる日でも、UVケアしなくちゃダメですか?

A. 家の中とはいえ、すっぴんで過ごすのはNG!

紫外線は窓ガラス越しでも室内に降り注ぐという説もあるほど。
テレワークだから自宅で過ごすという日も、UVケアなしのすっぴんで過ごすのは、コツコツと負の貯金をしているようなもの…。
ファンデーションをお休みしたい日は、たとえばミネラルUVホワイトセラムなど、日焼け止めも兼ねられる美容液を使ってみては?
紫外線吸収剤は不使用で、美白ケアしつつ、紫外線から守ることができますよ。

※ メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

ミネラルUVホワイトセラム【医薬部外品】
SPF35 PA+++

+ One Advice

リップ&アイブロウをポイントにすれば、フルメイクせずにリモート映えOK!
変化球としてカラーマスカラをアイブロウとしてオンするのが阿部流。

発色のいいリップはモニター映えしますし、眉メイクをいつもよりしっかりめに仕上げると表情が生き生きして見えます。
ちょっと青みを含んだシアーなリップは、派手にならず顔が華やぐのでリモートワーク時にも便利。
また、眉はボルドーなどのカラーマスカラで毛を立てるように整えると、いまどきの抜け感が出せます。

Q.とにかく“崩れにくい”ベースメイクが知りたい!

A. パウダーファンデーション派は“シェルブラシで密着塗り”が崩れ予防に効果的!

顔料や油分が多く含まれるパウダーファンデーションは、厚塗りすると崩れやすくなります。
だからこそ、薄いベールをかけるようにつけられるシェルブラシを夏はぜひ取り入れて欲しいですね。
圧をかけず、磨き上げるように細かくブラシを動かすと、ごく薄くキレイに塗ることができます。
薄く均一に塗ることができれば、毛穴落ちも防げ、ナチュラルな印象が続きます。

A. リキッドファンデーション派は、水分ベースを選ぶべし。みずみずしいベースで乾燥崩れを撃退!

1年を通じてリキッドファンデーションを使うという方は、夏は油分が多いものを避け、水分ベースのものに注目して選ぶとよいでしょう。ETVOSのおすすめはミネラルフローレスリキッドファンデーション。合わせる下地は、化粧水のような使用感が気持ちいいアクアミネラルベースが◎。

+ One Advice

リキッドは手早く塗るのがコツ。スキンケアしたてのようなみずみずしい肌に。

1.フローレスリキッドファンデーションを手の甲に出し、指の腹でクルクルと円を描くようにしながら温め、指先にとります。

2.指の腹全体を“面”で使うような意識で、すべらせるようにサッと手早く顔に塗り広げます。

Q.テカリに見せず、きれいなツヤ肌に見せるためには?

A. 夏はツヤを仕込む場所に注意を。ギラギラしない繊細なツヤ肌が好印象。

夏は肌がテカリやすい季節なので、Tゾーンにツヤを仕込むのは控えたほうがベターです。
質感の印象でいうなら、ギラギラ感よりも、みずみずしさを重視することで、テカリに見せず、上品なツヤ肌を演出できます。

+ One Advice

影になりやすい目頭のくぼみにハイライトを仕込んで、表情まで明るく。

ミネラルラディアントスキンバームを指に少量とり、目頭の横、骨のくぼみの影になりやすい部分に、ちょんちょんと塗ります。
適度な膜感で密着して、上品なツヤ感を与えてくれます。
マスクで顔が隠れがちでも、目元の輝きを引き出して、いきいきとした印象に。

Q.ミネラルUVボディパウダーの落ちにくい付け方が知りたい!

A. 付属パフでつけた後、ブラシでクルクルとなじませると◎

もちろん付属のパフでもきちんと塗れますが、より落ちにくさを重視するなら、カブキブラシを使うのもおすすめです。
パフで塗った後から、ブラシでやさしく磨くようになじませると、肌に密着してより均一になじませられます。
腕の内側など自分から見えない部分も案外日焼けしやすいので注意してくださいね。

NEXT TOPIC :

「ETVOSオフィシャルメイクアップアーティストに訊く!UVシリーズ使いこなし術 part.3」

メイクアップアーティストの阿部真明が日中のメイク&UVレタッチ術をご紹介します。