2019.8.21

コクありカラーで楽しむ秋の美人顔3変化

抜け感モードで始める、春のおしゃれ顔

今回教えてくれた人

美舟さん
ヘア&メイクアップ
アーティスト

美舟さん
ファッション誌や広告、ショーなどに引っ張りだこのヘア&メイクアップアーティスト。 著書『美舟メイク』も人気。

秋メイクの傾向を教えてくれたのは、女優やモデルからの指名も多い美舟さん。 「この秋も、レッドやオレンジを取り入れたアイメイクは引き続き人気です。 リップはツヤからマットまでさまざまなタイプが登場していますが、 旬の赤みアイメイクにあわせるならソフトマットな質感がおすすめ。 ほどよい強さを出しつつ、塗り方によって女性らしさ、やさしさもにじませることができます。 コクのある秋らしい色を、トレンドの質感でこなして楽しんで」

センシュアルな秋モードメイク

日本人の肌なじみ、色気とおしゃれ感が出る赤みメイク。繊細なラインを足して、モードで大人っぽい目元を楽しんで。

eye
eye

大胆な赤みとツヤで秋のトレンド感満載に

色っぽい目元の秘密は、眉下まで広く仕込んだミネラルアイバーム。 さらに、ミネラルクラッシィシャドーの★を二重幅より広めに入れ、下まぶたの目幅にもオン。 赤みの効果で、上気したような色っぽさと強さある目元に。

skin01
1.目尻から引き始めて強すぎないラインに

ミネラルスムースリキッドアイライナーを目尻から引く。 全体に引くと強さが際立つが、目尻ならさりげなくアイラインを仕込める。

skin01
2.王道のハネ上げラインもマットなら自然な印象

上まぶたのラインの延長線上に引くように、ごく細く2~3ミリのラインをプラス。 少し上にハネる王道ラインに。

skin01
3.ライン初心者こそトライしたい抜け感eye

目を閉じるとこんな感じ。ツヤを仕込むことで立体感が強調され大人っぽく。目尻の極細ラインがアクセント。

cheek

skin01
大人な目元とバランスをとる“あどけな”チーク技

ミネラルプレストチーク2色を混ぜ、頬骨より下に横長に入れる。 ちょっぴりあどけなさが出る美舟テクニック。

lip

skin01
あいまい輪郭とマットな質感でおしゃれに

ミネラルクレヨンルージュを唇の中央部分に直接塗る。指でポンポンとなじませ、輪郭は曖昧にすると抜け感が。

CLOSE

PLAY MOVIE

オレンジで叶える、シックな大人顔

今秋っぽさを楽しみたいなら、狙うべきはオレンジ!テクニックいらずで、抜け感ある大人なお洒落顔が完成。

ヌードなセンシュアルメイク
base
skin01
1.ツヤ肌ファンデでなめらかベースに

クリーミィタップミネラルファンデーションを専用パフのタップ面(広い面) にとり、ごく薄くポンポンづけする。

skin01
2.ポイントをパフで手軽にカバー

専用パフのコントロール面(尖ったほう)にファンデーションをとり、小鼻周りや目周りなど細かい部分に塗る。

skin01
3.薄いヴェールをかけてメイク映えする肌に

ミネラルルーセントパウダーを付属のパフにとり、テカリが気になる部分やメイクをのせる目・口周りにのせる。

eye

skin01
スパイシーオレンジを目尻に効かせてキリリ

①にミネラルクラッシィシャドーの★を目尻1/3にライン状に入れ、②にアイバームを重ねる。

cheek

skin01
広めのチークでモード感を漂わせて

ミネラルシマリングデュオのテラコッタを、こめかみを起点に眉尻~頬骨下まで、Cの形に広く入れるとモードっぽく。

lip

skin01
ソフトマットだからおしゃれ!輪郭きっちりの今旬リップ

ベースメイクも薄め、目元も目尻のポイントのみ。抜け感のある印象を引き締め、 強さを出すのがきっちりラインをとったリップ。ベルベットのような質感だからスタイリッシュで、 しかも悪目立ちしないリップメイクが可能に。

 

skin01
中→輪郭の順番できっちり塗りがコツ

ミネラルクレヨンルージュで唇に内側を丁寧に塗りつぶし、最後にラインをきちんと描く。

CLOSE

PLAY MOVIE

媚びない女の、スタイリッシュな愛され顔

「可愛い」よりも「キレイ」が憧れ── そんな大人の女性にふさわしい、洗練された秋の愛され顔がこちら。

ヌードなセンシュアルメイク
eye
eye

ほんのりピンクと輝き仕込みで美しく

甘さを控えめにしつつ華やかさを出すのが、大人の愛されメイク。 ここではちょっぴりピンクを含んだベージュ系カラーを重ね、スタイリッシュで強さもある目元に。 輝き感をベースに仕込んでいるから、上品な艶めきが。

skin01
1.輝きを仕込んで吸引力ある瞳に

ミネラルクラッシィシャドーのAをアイホール全体にふわっと入れる。眉下まで広く入れるのがコツ。

skin01
2.くすみを飛ばす隠しハイライト

Bを下まぶた目頭側1/3にライン状に入れる。肌からは浮かないけれど、目元がぱっと明るい印象に。

skin01
3.さりげなカラーで目尻を引き締め

Cのニュアンスカラーを下まぶた目尻側1/3に入れる。グレー転びの発色で自然に目元が引き締まる。

skin01
4.シャドーラインでやさしく目力アップ

Dを太チップにとり、アイライン代わりに上まぶたのキワに入れる。さりげなく目の印象が強まる。

lip

skin01
ソフトマットな質感と柔らかい赤の品格リップ

愛されメイクの要は、しっとりソフトマットな質感と発色のリップ。ブラウンを含んだ落ち着いた赤がエレガント。

 

skin01
ささっと直接塗りで唇を染め上げる

ミネラルクレヨンルージュを唇に直接塗る。輪郭をきっちりとる必要はなく、全体をふわっと染めるイメージで。

 

skin01
上下の唇をすり合わせふわっとぼけた輪郭に

ふわっとやさしげな印象をもたせたいので、上下の唇をすり合わせてなじませる。輪郭がぼけて柔らかい仕上がりに。

cheek

skin01
練りチークで温もり感アップ

じゅわっと血色感を出すため、ミネラルクリアリップ&チークを指にとり、目の下から頬骨にかけて横長に入れる。

base

リキッドファンデのブラシづけでなめらか肌に

ミネラルフローレスリキッドファンデーションをフェイスカブキブラシで直接なじませて、ムラのないなめらか肌に。

CLOSE

PLAY MOVIE