SKINCARE

光老化の予防策|紫外線やブルーライトから肌をやさしく守るには?

多くの方を悩ませる肌の老化現象。
老化には、加齢にともなう自然な老化のほかに、日常生活で気をつけておきたい「光老化」があります。私たちの身近にある太陽光線やブルーライトなどの光は、肌に影響を与えると考えられているのです。
この記事では、光老化の基礎知識と対策についてお伝えします。光ダメージをできるだけ避けて、すこやかできれいな肌に保つために、ぜひ参考にしてみてください。

POINT!

光老化とは?

太陽光線やブルーライトなど、私たちが日常生活で浴びているさまざまな光が、肌へのダメージにつながることも。まずは、光老化のメカニズムや自然老化との違いをご紹介します。

光老化のメカニズム

私たちの肌は、日常生活で外部からの刺激にさらされ、乾燥や摩擦といったダメージを受けています。
普段肌に降り注いでいる「光」も、こうした刺激の一つです。

「光老化(ひかりろうか)」とは、太陽光線による光ダメージの影響で肌に現れる、老化現象のことです。紫外線によって肌の表面が傷んだり、弾力が失われたりすることは、シミ・くすみ・シワ・たるみの要因と考えられています。

そんな光老化は、どのような仕組みで起こるのでしょうか。まず、皮膚の構造は表面側から「表皮」「真皮」「皮下組織」という3層で成り立っています。紫外線は波長の長さによって「UVA」「UVB」「UVC」の3種類に分けられます。

これらのうち、地上に到達するのはUVAとUVBの2つで、それぞれ肌に影響を与える範囲が異なります。UVBは波長が短く、表皮にダメージを与えやすいという特徴があり、炎症・シミ・くすみなどの要因と考えられています。

一方、UVAは波長が長く、表皮の奥にある真皮まで到達するのが特徴です。そして、真皮に存在するコラーゲン線維・エラスチン線維・線維芽細胞といった、肌の弾力を保つ細胞を傷つけるといわれます。これにより肌のハリが失われ、シワやたるみの要因となるのです。

光老化は紫外線だけでなく、太陽光線に含まれる「ブルーライト」や「近赤外線」によっても起こると考えられています。こういった光ダメージは私たちの暮らしの身近にあるからこそ、普段から予防をしてダメージから肌を守ることが大切です。

光老化と自然老化の違い

肌の老化は、加齢にともない自然と起こっていきます。こうした自然老化と光老化には、一体どのような違いがあるのでしょうか。
自然老化と光老化の違いを確認するには、日光にさらされることが少ない部位と露出しがちな部位の肌を比較すると良いでしょう。たとえば、いつも衣服で隠れているお腹・お尻・二の腕・太ももの内側などは、光ダメージを受けにくい部位のため、自然老化の影響が現れていると言えます。

一方、光ダメージを受けやすい部位は、常に露出しがちな顔・首・手・足の甲などです。それぞれの部位を比べると、普段衣服で隠れた部位は、露出している部位よりもシミ・くすみ・シワが少なく、キメが細かくきれいに見える傾向にあります。

紫外線による光老化の対策

光老化を引き起こすと考えられている紫外線。ここでは、光ダメージから肌を守る紫外線対策についてご紹介します。日常生活の過ごし方やスキンケアを見直してみましょう。
紫外線を避ける

外出するときは、紫外線をできるだけ避けるよう配慮しましょう。屋外では日傘をさしたり、帽子をかぶったりして、光ダメージを受けやすい顔周りをカバーします。
長袖のカーディガンやストールなどで腕を覆うのもおすすめです。また、紫外線から目を守るために、UVカット機能付きのサングラスを着用しても良いでしょう。
日焼け止めを塗る

お出かけ前には、肌に日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めは、「SPF」と「PA」のレベルに注目して選びます。SPFとは、UVBを防ぐ指数のことです。数値が高いほど、UVBをブロックする持続時間が長くなります。
一方でPAはUVAを防ぐ目安であり、「+」の表記が多いほどUVAを防ぎやすいとされます。外出する目的に合わせて、日焼け止めの機能を選ぶのがポイントです。
UVケア処方されたスキンケアアイテムを使う

毎日のスキンケアで、UVケア処方のアイテムを使うのもひとつの手です。なかには紫外線吸収剤が使われていない、ミネラル成分によるUVケア処方のアイテムもあります。
ミネラル成分が配合されたアイテムには、酸化チタン・酸化セリウム・酸化亜鉛などが含まれ、紫外線を反射する仕組みとなっています。肌への負担が気になるときにおすすめです。

ブルーライトによる光ダメージの対策

ブルーライトは、太陽光線に含まれるだけでなく、スマートフォンやPCのディスプレイからも放たれています。日ごろから光ダメージの対策をしておきましょう。
ブルーライトカットメガネを着用する

仕事でスマホやPCをよく使う方は、長時間にわたって画面を見続ける機会が多いことも。そんなときは、ブルーライトカットメガネをかける方法があります。
メガネを着用するだけで目に入る光を抑えられるので、手軽にできる対策としておすすめです。その際は、「カット率」の数値が高いレンズほど、ブルーライトを防ぎやすくなります。
ブルーライトカットフィルターを使う

ブルーライトカットフィルターは、スマホやPCに取り付けて機器が放つブルーライトをカットするアイテムです。購入するときは、「反射率」や「透過率」の数値を参考に選びましょう。
反射率が低いほど光の反射を抑えて画面が見やすくなり、透過率が高いほど多くの光を透過して画面が明るくなります。
ブルーライトを抑えられるアプリを用いる

スマホやPC用に、ブルーライトをカットできるアプリがあります。インストールし、自分でカット率を設定することで、従来より画面の光を抑えることが可能です。
お使いの機種によっては、初めから「ブルーライト軽減モード」が搭載されていることも。スマホやPCの設定を確認して、画面の光を適切に調整しましょう。
ブルーライトカット対応のスキンケアアイテムを使う

ブルーライトのカットが期待できるスキンケアアイテムも販売されています。紫外線対策と同じように、スキンケアでもブルーライト対策をしてはいかがでしょうか。
アイテムを選ぶときは、ブルーライト対策だけでなく、スキンケアの基本である保湿も重視します。 光をカットする成分と保湿成分がどちらも配合されたアイテムで、ブルーライト対策をしながらうるおいを補給し、肌をすこやかに保ちましょう。

光老化から肌を守るために対策を始めましょう

光老化の基礎知識や、紫外線・ブルーライトから肌を守る対策についてお伝えしました。肌をきれいに保つには、日常生活で肌に生じるさまざまな刺激を、できるだけ避けるのがポイントです。
紫外線やブルーライトによる光ダメージは、シミ・くすみ・シワ・たるみなどの気になる状態につながると考えられています。光老化から肌を守るために、日常生活の過ごし方を見直すとともに、便利なスキンケアアイテムを活用してみてください。

RELATED ARTICLES関連記事