SKINCARE

花粉症シーズンに起きやすい肌荒れ対策とケアに適した化粧品の選び方

毎年、花粉症シーズンが到来すると、肌にトラブルが生じることがないでしょうか。
乾燥・かゆみ・赤みなどの症状が気になるときは、できるだけ花粉を避けるとともに、肌に優しい低刺激性の化粧品を使用することが大切です。

ここでは、花粉症シーズンに肌荒れが生じる主な原因や、肌トラブルの軽減が期待できるETVOS(エトヴォス)のスキンケアアイテムをご紹介します。
季節の変わり目に起こるゆらぎ肌のストレスを減らすために、ぜひご一読ください。

POINT!

花粉症シーズンに肌荒れが起きる原因と対処法

花粉症シーズンに肌荒れが起きるのはなぜでしょうか。肌にあらわれる花粉症の症状にお悩みの方のために、肌荒れの原因や花粉症対策についてお伝えします。

花粉による肌荒れの原因

一般的に花粉症の症状として知られるものには、くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった鼻の症状、目のかゆみや充血といった目の症状などが挙げられます。一方で、花粉が原因で皮膚の症状が生じることもあります。たとえば、肌の乾燥・かゆみ・赤みなどがその一例です。一時的なものだから…と我慢をすると、肌へのダメージがひそかに積み重なります。油断をせずに予防し、すこやかな肌で過ごすことが将来の美肌にも繋がります。

肌に見られる花粉症の症状は、植物の花粉が放つアレルゲンが、肌に刺激を与えるために起こると考えられています。バリア機能が低下した肌は、アレルゲンの侵入を許しやすく、炎症を起こすことで肌荒れ・乾燥・かゆみ・赤みを引き起こすこともあります。
春先は花粉症シーズンといわれ、日本全国でスギやヒノキの飛散量がピークを迎える時期です。このほかに、初夏にピークを迎えるイネ科のカモガヤ、夏~秋にかけて飛散するキク科のヨモギなど、1年を通して空気中に花粉が飛んでいます。

もともと肌が弱い方でなくても、これらの花粉が肌に付いて一時的に肌荒れや炎症が起こることがあり得ます。肌の症状が悪化する前に、早めに花粉症対策を始めましょう。

花粉による肌荒れの対処法

花粉症による肌荒れを防ぐためには、まず花粉を物理的にブロックすることが大切です。外出するときはマスクを着用しましょう。
また、帰宅後は室内へ入る前に衣類をはたいて花粉を落としてください。
このとき、ナイロンやポリウレタンなど表面がツルツルした素材の衣服は花粉が付着しにくく、花粉を室内へ持ち込みにくいといえます。

肌の花粉症対策の基本は、きちんと保湿することです。保湿効果が期待できる化粧品を使用し、肌のバリア機能を高めると、アレルゲンによる刺激を受けにくくなります。
肌にかゆみがあるときは、炎症を起こしている可能性があるので、気になる部分を冷やして落ち着かせるとよいでしょう。

また、過敏になっている時期だから…とメイクを控えて無防備な肌で過ごすことはせず、ファンデーションを塗り外的要因から肌を守ることも大切です。
肌荒れでファンデーションを塗ることに抵抗があるという方は、スキンケアのようにみずみずしいファンデーションを選びましょう。肌にうるおいを与えながら外的要因から守ってくれる、頼もしいアイテムとなるはずです。

花粉症シーズンの肌荒れに対策する化粧品の選び方

花粉症シーズンの肌荒れが気になるときは、ゆらぎ肌への刺激をできるだけ避けた化粧品をお選びください。ここでは選び方のポイントを3つご紹介します。
1.バリア機能をサポートする化粧品を選ぶ

今までは保湿でのバリアがスタンダードでしたが、最近では、化粧品で皮膚の疑似膜を生成し塗るだけでバリア機能をサポートするような商品も多く登場しています。バリアをまとうことで肌の悩みをケアし、花粉症による乾燥や肌荒れを防ぎながら、すこやかな肌へと近づけます。
2.バリア機能の要であるうるおいを高める保湿成分が配合された化粧品を選ぶ

肌の花粉症対策では保湿が重要です。化粧品に含まれる保湿成分に注目してお選びください。たとえば、セラミド・植物エキス・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの代表的な保湿成分がおすすめです。中でもヒト型セラミドは肌なじみが良く、うるおいを与えるといわれます。

また、肌の水分と油分のバランスを整える働きのあるアイテムも適しています。水分と油分の状態が整えられていることで、バリア機能が適切に保たれ、肌トラブルを予防しやすくなるためです。保湿力の高さとベタつきにくさを同時に叶えられるのが理想といえます。
3.ゆらぎ肌への刺激を避けた敏感肌用の化粧品を選ぶ

普段は肌の不調をそれほど感じない方も、花粉症が生じているときは肌が敏感になっている可能性があります。化粧品の配合成分によっては、肌にヒリヒリとしみることも。刺激性の成分を避け、肌に負担の少ない成分で作られたアイテムを選びましょう。
敏感肌用の商品は様々ですが、パッチテスト※1・スティンギングテスト※1※2を行っている化粧品を選ぶことをおすすめします。
※1 すべての方に肌トラブルや皮膚刺激が起こらないということではありません。
※2 製品を使用した際に生じるかゆみ,ひりつきなどの感覚刺激を評価するテストのこと

花粉症シーズンに起こる肌荒れのケアにおすすめのアイテム

花粉症シーズンに起こりやすい肌の乾燥などによる肌荒れの予防におすすめのアイテムをご紹介します。ETVOS(エトヴォス)の花粉対策コスメをお役立てください。
モイストバリアクリーム(保湿クリーム)
30g 3,850円(税込)
うるおいによるセカンドスキンを形成し、バリア機能をサポートする保湿クリーム。

7種のモイストバリア成分※1がセカンドスキン(第二の皮膚)を形成し、空気中の花粉、PM2.5※2、ハウスダスト、大気の汚れなど外出先の環境による刺激から肌を守ります。また、保湿成分の4種類のヒト型セラミド※3を配合し、肌のバリア機能をサポートして、肌本来のすこやかさを導きます。敏感肌や乾燥肌の方にもおすすめです。

《 7つの不使用 》

  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • シリコン
  • 着色料
  • 香料
  • パラベン
  • アルコール
HOW TO USE
朝のスキンケア後に手に取り、乾燥が気になる部分を中心に顔全体へご使用ください。
USER’S VOICE

「守ってもらう感じです」
乾燥性敏感肌で、なかなか合う化粧品がなく、普段使っているものも体調によって使えないときがあります。こちらのクリームは、外からの刺激から守ってくれる感じで、とても重宝しています。

※1 シロキクラゲ多糖体・ラムノース・グルコース・グルクロン酸・スイゼンジノリ多糖体・ ビオサッカリドガム-1・ビオサッカリドガム-4
※2 大気中に浮遊する直径2.5マイクロメートル以下の物質
※3 セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP
モイストバリアBB(ファンデーション)
SPF32 PA+++
30ml 4,180円(税込)
美容液に色をつけたような、下地いらずでやさしくなじむファンデーション。

肌の状態が気になりながらもメイクした方がいい時期、できるだけやさしいものを選びたい。そんな方におすすめしたい、まるでスキンケアをしているかのようなみずみずしい使い心地が特徴です。
よく伸びるテクスチャながら、しっとりとするクリームタイプだから肌にやさしくなじみ、これ1つで紫外線カットからベースメイク、保湿まで兼ねられる便利さ。肌表面にうるおいというセカンドスキンをつくって守りつつ、色ムラはさっとカバーして健康的なツヤ肌を演出します。乾いた肌もいたわる高保湿処方で、日中の乾燥ダメージをケアしつつヘルシーな美肌に。
紫外線吸収剤不使用でSPF32 PA+++を実現。保湿成分にヒト型セラミド※1・プルーン分解物・マンダリンオレンジ果皮エキスを配合し、ベースメイクとスキンケアを同時にしていただけます。

《 8つの不使用 》

  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • シリコン
  • タール系色素
  • 合成香料
  • パラベン
  • アルコール
  • 紫外線吸収剤
HOW TO USE
朝の洗顔と保湿を済ませた後、顔全体にムラなく伸ばして付けましょう。
※1 保湿成分:セラミドEOP,NG, NP, AP
モイストバリアミストセラム(ミスト状化粧水)
50ml 2,750円(税込)
日中もうるおいベールを追い足し、長時間の鉄壁ガードをサポートするフェイスミスト。

メイクの仕上げや日中のメイク直しにも。超微粒子タイプのふんわりミストに5種のヒト型セラミド※1やシロキクラゲ多糖体などの保湿成分を入れ込み、さらに肌荒れを防ぐ成分として知られるコンフリー葉エキスなどもプラス。乾きを感じたらメイク上からさっと使え、ゆらぎ※2を感じさせないお守りアイテムです。やさしい肌あたりのミストなのに美容液レベルの保湿成分入りで、敏感な時期の肌のお守り役に。花粉症対策として外出時に手軽にお持ち歩きください。

《 7つの不使用 》

  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • シリコン
  • 着色料
  • 香料
  • パラベン
  • アルコール
HOW TO USE
乾燥が気になる肌へ微粒子ミストを直接吹きかけ、その後に手のひらで包むように浸透※3させましょう。
※1 セラミドEOP,NG,NP,AG,AP
※2 季節の変わり目に肌状態が不安定になることを指す
※3 角層まで

早めの花粉対策アイテム投入で、スキンケアを制す!

花粉症シーズンが到来する前から始めておきたい、ゆらぎ肌のためのスキンケア。いつの間にか生じていた肌荒れに悩んでしまわないように、花粉対策スキンケアはできるだけ早めに取り入れることをおすすめします。

特に、毎年のように花粉アレルギーにお悩みの方は、症状があらわれる前に対策を始めましょう。季節の変わり目には、外部刺激による肌荒れが起こりやすくなります。そんなゆらぎ肌をすこやかな肌へ導くためには、春が来る前の1~2月から対策を始めることが大切です。

ETVOS(エトヴォス)のモイストバリアシリーズは、肌を保湿することでうるおいのバリアで包み、肌トラブルの予防につなげます。花粉・PM2.5※1・ハウスダスト・大気の汚れなどの要因からきちんと肌を守り、ゆらぎ知らずの肌を目指しましょう。
※1 大気中に浮遊する直径2.5マイクロメートル以下の物質

RELATED PRODUCTSこの記事に関連する商品

RELATED ARTICLES関連記事