SKINCARE

セラミド・ヒト型セラミドの特徴と配合するスキンケアアイテムの魅力

肌のうるおいを保つために、化粧品に配合される成分のセラミド。そのなかでも「ヒト型セラミド」は、保湿力が高く人間の肌と親和性が高いことで知られています。

ここでは、ヒト型セラミドの働きや種類、保湿効果についてお伝えするとともに、ETVOS(エトヴォス)のセラミドスキンケアアイテムをご紹介します。

セラミド配合アイテムの選び方でお悩みの際は、ぜひご一読ください。ご自身の肌質や求める効果に合わせて、最適なアイテムを見つけましょう。

POINT!

肌のうるおいに欠かせないセラミドとは?

人間の肌に存在するうるおい成分である、セラミドの基礎知識をご紹介します。まずは化粧品に含まれるセラミドの働きや種類をチェックしておきましょう。

セラミドの働き

セラミドは、肌の表皮の角層にあるうるおい成分です。水と結合して、水分を抱え込む働きがあります。
一方で、加齢や生活習慣などの原因で徐々に減少していき、50歳を過ぎると肌のセラミド量は20歳の頃の約半分に。こうしてセラミドがなくなると、肌の水分量の大部分が失われると言われています。肌のハリやうるおいが低下するのは、セラミド不足が大きな要因です。
また、セラミド不足は、乾燥が進んで肌トラブルの原因になることも。




「セラミド」が十分にある状態では、水分をしっかり挟み込んでキープ。
そのため角層はうるおいでしっかり満たされ、紫外線やほこりなどの外的刺激から守ります。




足りていないと水分を保てず、角層に隙間ができてしまい、そこから外的刺激が入り込み、乾燥が進んでトラブルが起こりやすくなります。
環境の変化やストレスは年々増加する方も多いのでは。
そんななかでも、年齢に左右されない肌のために必要なのがうるおいという「バリア」。みずみずしくふっくらとした肌ならゆらぎにくく、トラブルは起きにくいもの。そんな「バリア」を作るために肌にとって重要なうるおい成分として「セラミド」は欠かせない成分だといえるでしょう。
セラミド配合のスキンケアアイテムを使用すると、肌のうるおいやハリを保ちやすくなる効果が期待されています。

セラミドの種類

セラミドにはさまざまな種類があり、「ヒト型」と「非ヒト型」に分類されます。
その中でもヒト型は構造的に12種類に分類されます。
ヒト型セラミドは皮膚に浸透しやすく、うるおいを保つことが期待できるのが特徴です。

一方で、非ヒト型セラミドのなかには、セラミドに似せて化学的に合成した「疑似セラミド」もあります。セラミド配合の化粧品を選ぶときは、どのような種類のセラミドが配合されているかをチェックしておくことをおすすめします。
※ 角層まで

ヒト型セラミドの肌との親和性

ヒト型セラミドは、肌との親和性や角層までの浸透力が高いことで知られています。ここでは、そんなヒト型セラミドの特徴やメリットについてご紹介します。

保湿力の維持


ヒト型セラミドの特徴は、人間の肌に存在するセラミドと同等の構造をしているため、肌になじみやすいということ。セラミドはラメラ構造によって水分を挟み込むことで閉じ込め保湿します。

バリア機能のサポート

ヒト型セラミドは肌のバリア機能にも関与しています。バリア機能とは、角層が水分を蓄えることで肌を乾燥や刺激から守る機能のこと。前述のように優れた保湿力や角層までの浸透性でバリア機能をサポートするヒト型セラミドは、肌を健やかに保つために欠かせない成分だといえます。

エトヴォスのヒト型セラミド配合スキンケアアイテム

セラミドスキンケアブランドのETVOS(エトヴォス)の、ヒト型セラミドを配合したラインアップの一部をご紹介します。肌の状態や目的に適したアイテムをお選びください。
エイジングケア※1
バイタライジングローション(化粧液)
120ml 5,280円(税込)
ヒト型セラミド※2×アルガン幹細胞エキス※3でハリを与えながらみずみずしい肌へ

5種類のヒト型セラミド※2がバランス良く配合されている保湿化粧水。また、アルガン幹細胞エキス※3・浸透※4型ヒアルロン酸・シロキクラゲ多糖体など、豊富な保湿成分がうるおいをサポート。使い続けることでハリのある肌を目指します。
パッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテスト済み。(すべての方にアレルギーや肌トラブル、皮膚刺激が起こらないわけではありません。)敏感肌の方にもおすすめです。
HOW TO USE
500円玉程度の量を手に取り、手で肌になじませます。乾燥が気になる部分があれば多めの量を塗りましょう。
※1 年齢に応じたお手入れのこと
※2 保湿成分:セラミドEOP、NG、NP、AG、AP
※3 アルガニアスピノサカルス培養エキス
※4 角層まで
保湿ケア
モイスチャライジングセラム(保湿美容液)
50ml 4,400円(税込)
うるおいにより「バリア機能」と「水分保持」をサポートし、ぷるんと柔らかな肌へ

保湿成分のヒト型セラミドを高濃度で配合した保湿美容液です。ラメラ構造をしたセラミドによる保湿力の高さや、肌なじみの良さが特徴。ヒアルロン酸やアミノ酸などの保湿成分に加えて、スクワラン・ホホバオイル・シアバターなどの油分を配合し、乳液の役割も果たします。
パッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテスト済み。(すべての方にアレルギーや肌トラブル、皮膚刺激が起こらないわけではありません。)敏感肌の方にもおすすめです。
HOW TO USE
手のひらに2プッシュ取り、顔の中心から外側へ向けてなじませてお使いください。
特に肌が乾燥していると感じる場合は、手のひらが吸いつくようにしっとりと感じるまで更に重ねづけします。
美白※1ケア
薬用 ホワイトニングクリアセラム[医薬部外品](美白美容液)
50ml 5,500円(税込)
シミやそばかす※2といった「点」とくすみ※3などの「面」を同時にケアする薬用美白※1美容液

美白※1有効成分のトラネキサム酸を配合した、医薬部外品の美容液です。シミやそばかすを防ぐとともに、保湿成分のヒト型セラミドや、肌荒れ防止の有効成分のグリチルレチン酸ステアリルを配合。1本で美白とうるおい両方のケアができるのが魅力となっています。
パッチテスト、スティンギングテスト済み。(すべての方に肌トラブル、皮膚刺激が起こらないわけではありません。)敏感肌の方にもおすすめです。
HOW TO USE
化粧水を付けた後に、手のひらで気になる部分を中心に全顔になじませましょう。
※1 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと
※2 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ 
※3 乾燥やキメの乱れによるもの
モイスチャライジングクリーム(保湿クリーム)
30g 4,180円(税込)
リッチな濃厚クリームで乾燥した肌を包み込み、ツヤのあるもっちり肌へ

5種類※1の保湿成分ヒト型セラミドに加え、保湿成分として植物由来のオイルや、整肌成分として4種類のビタミンを配合し、油分の不足した肌を保湿するクリームです。マカデミアナッツ油やオリーブ果実油がきちんと乾燥を防ぎながらも、ベタつきにくいテクスチャーとなっています。
パッチテスト、アレルギーテスト、スティンギングテスト済み。(すべての方に肌トラブル、皮膚刺激が起こらないわけではありません。)敏感肌の方にもおすすめです。
HOW TO USE
1~2プッシュ手に取り、柔らかく伸ばしてから肌になじませてお使いください。
※1 セラミドEOP、NG、NP、AG、AP
バイタライジングクリーム(保湿クリーム)
50g 7,480円(税込)
ヒト型セラミド×リンゴ幹細胞エキス※1でふっくらハリ美肌に

リンゴ幹細胞エキス※1がみずみずしいうるおいを与え、ハリやツヤを与える保湿クリームです。さらには、年齢とともに失われやすいセラミドを補うために、保湿成分として5種類のヒト型セラミドを配合しています。乾燥やゴワつきが気になる肌のエイジングケア※2に適しています。
パッチテスト、スティンギングテスト済み。(すべての方に肌トラブル、皮膚刺激が起こらないわけではありません。)敏感肌の方にもおすすめです。
HOW TO USE
手のひらに2~3プッシュ取り、乾燥が気になる部分を中心に、顔全体へなじませましょう。
※1 リンゴ果実培養細胞エキス
※2 年齢に応じたお手入れ

ヒト型セラミドを意識したトータルスキンケアで美肌を目指す

私たちの肌に影響を与える、環境の変化、ストレス、そして年齢などの要因。これらに左右されない肌こそが、ETVOS(エトヴォス)のスキンケアが目指すものです。

そのために必要なのは、うるおいという肌の「バリア」です。みずみずしく、ふっくらとした肌は様々な要因からの影響を受けてもゆらぎにくく、トラブルが起きにくいもの。
ヒト型セラミドは、そんな「バリア」を作るために、肌にとって重要な成分です。

セラミドスキンケアブランドのETVOS(エトヴォス)では、スキンケアとメイクアップの一部アイテムに、ヒト型セラミドを配合しています。
肌のバリアに着目したトータルスキンケアを通して、ぜひうるおいのバリアによる美肌効果を体感してみてください。

RELATED PRODUCTSこの記事に関連する商品

RELATED ARTICLES関連記事