SKINCARE

敏感肌にも 今こそビタミンC誘導体の力を

POINT!

今、改めて見直されるビタミンCのパワーとは?

美容や健康維持に欠かせないビタミンC。
日本をはじめ、世界ではビタミンC配合の化粧品やサプリメントが数多く発売されたり、美容皮膚科では、美白、美肌、免疫力アップのためのビタミンCの点滴が再び注目を集め、今改めて見直されているビタミンCのパワー。
では、なぜビタミンCが美容や健康に大切なのか、みなさんはご存知ですか?
実は、ビタミンCが不足すると、コラーゲンが足りなくなり、肌の弾力やハリ、ツヤが失われ、たるみの原因になったり、血管がもろくなったりして、肌や体へダメージがあらわれてしまうからです。
ビタミンCは体内でコラーゲンを合成するのにとても大きな役割を果たしているので、積極的に摂取することがポイントです。

1日に必要な量の倍以上摂らないと肌荒れも?

ビタミンCは、体内で作ることができず、しかも約4週間で血漿中のビタミンCがほとんど
なくなってしまうことから、生きている限り、定期的に食べ物から摂取する必要があり
ます。さらに、ビタミンCは、壊れやすく代謝されやすいため、充分な量を摂取しよう
とすると、なんと1日に必要な量の倍以上も摂取する必要があるという説もあるほど。
それでもビタミンCは、ほとんどが体内の臓器で使われてしまうので、皮膚に充分な
量を
届けることができなくなり、
肌荒れの原因になることも。
美肌のためには、肌に直接ビタミン
Cを塗布することが大切なのです。

ビタミンC誘導体は目的に合わせて自分の肌に合ったものを

肌にとって大切なビタミンCですが、安定性が低く、肌への吸収がされにくいという性質も。
美肌効果をもっと得るためには、いかにビタミンCを皮膚内に届けて活性化できるかがカギになってきます。
そこで誕生したのが、ビタミンCの弱点を改良した「ビタミンC誘導体」です。
ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを皮膚に浸透しやすくしたもの。
大きく分けて、水溶性・脂溶性と
あり、さらに最近では進化型と
呼ばれる機能性を高める技術が
付帯されたものがあります。

◎水溶性:皮膚への浸透が早く、
皮脂の分泌を抑える作用があるので、ニキビ肌、オイリー肌に有効。

◎脂溶性:水溶性に比べて刺激が少なく保湿性が高いので、
敏感肌、乾燥肌の改善に有効。

◎進化型:即効性と真皮への浸透力があり、肌への刺激や乾燥の心配がない。
美白・アンチエイジング効果への期待も。

近年の研究結果では、バリア機能の向上に期待も

ビタミンC誘導体は、肌への刺激が少なく、敏感肌や乾燥肌、大人のトラブル肌の改善などに安心して使用できます。
さらに、肌を守りながら、ニキビ予防やニキビ跡のケア、皮脂分泌を低下させ毛穴を小さくしたり、メラニン色素の合成を抑制し、しみ、そばかすを防いだり、抗酸化作用もあるので老化防止も期待できたりと、その実力はまさに八面六臂。
そんな優れた成分・ビタミンC誘導体の研究は現在も進められており、近年では、セラミド産生促進により、皮膚バリア機能の向上や、肌の保湿に欠かせないヒアルロン酸の産生を促進する効果といった、肌のベース作りをするためにも欠かせない効果も期待されています。
肌がゆらぎがちな敏感肌の方こそ、ビタミンCを上手に摂り入れてすこやかな肌を目指しましょう。

RELATED ARTICLES関連記事