MAKEUP

マスク着用で化粧崩れが起こる原因とキレイをキープするメイクのコツ

感染予防や花粉対策などで、マスクの利用シーンが多くなっています。
日頃マスクを着けていると、悩まされがちなのが化粧崩れです。マスク着用時の化粧崩れを防ぎ、メイクをキレイな状態でキープするために、これまでのメイクを見直してみましょう。

ここでは、マスク着用で化粧崩れが起こる原因や、化粧崩れを防ぐメイクのコツ、ETVOS(エトヴォス)のおすすめアイテムをご紹介します。

POINT!

マスク着用による化粧崩れの原因

日常的にマスクを着用していると、化粧崩れが気になるもの。なぜマスクを着けるとメイクが崩れやすくなるのでしょうか。まずは、考えられる原因をご紹介します。
摩擦

飲食やメイク直しなど、一日の間にマスクを着脱するシーンは多数あります。繰り返しマスクを着脱していると、肌と擦れてメイクが崩れやすくなります。
また、会話の際に口元が擦れてリップが色移りしてしまい、お悩みの方も多いようです。特に、サイズの合わない小さめのマスクを着けていると、締め付けで擦れやすくなります。自分に適したサイズを選んでいるかも見直してみましょう。
蒸れ

マスクの中に呼気がこもることで蒸れが生じ、化粧崩れにつながる場合があります。マスク内のような湿度の高い環境では、皮脂分泌が活発になりやすく、肌のテカリが起こりがちです。こうしてファンデーションが皮脂と混ざると、ベースメイクが落ちやすくなってしまいます。
乾燥

マスクを取り外したとき、内部にこもっていた湿気が蒸発して、肌が乾燥しやすくなります。すると、ファンデーションの表面が割れたり、粉浮きしたりすることも。メイクしたてのなめらかな質感や、密着度をキープしにくくなるのが悩みどころです。

マスク着用による化粧崩れを防ぐメイクのコツ

化粧崩れを上手に予防するために、いつものメイクの仕方を見直してみましょう。ここでは、崩れにくいメイクのコツを解説します。
十分な保湿

メイクをキレイに仕上げるには、保湿ケアで肌を十分にうるおすことが大切です。うるおいが不足すると、カサつきやキメの乱れなどにつながり、メイクのノリが悪くなることも。マスクによる化粧崩れを防ぐためにも、まずは基本のケアで肌を十分に保湿しましょう。

スキンケアでは、化粧水を付けて肌に水分を与えた後に、乳液やクリームなどの油分でフタをして乾燥を防ぎます。また、ベースメイクにおいても保湿成分が含まれているアイテムを使うことで、メイクで肌をカバーしながらスキンケアが可能です。
ファンデーションを薄めに塗布

マスクを着用する日は、ベースメイクを薄めに仕上げて、化粧崩れに備えましょう。このとき、ファンデーションの量を少なめにするのがポイントです。薄付きにすることで、マスクの擦れによる化粧崩れを防ぎ、ムラが目立ちにくくなります。
仕上げにフェイスパウダーを使用

ベースメイクの仕上げには、ベタつきを抑えるフェイスパウダーを使うことをおすすめします。肌表面をなめらかに整えて、マスク着用時でも快適なサラッとした質感に仕上がります。その際は、過剰な皮脂を吸着しながらも、うるおいをキープできるアイテムを選ぶとよいでしょう。
また、フェイスパウダーを塗った後に、メイクをキープするスプレーやミストを吹きかけると、化粧崩れしにくくなります。

マスク着用による化粧崩れを防ぐエトヴォスのおすすめアイテム

ここでは、メイク崩れ防止が期待できるETVOS(エトヴォス)のアイテムをご紹介します。マスクを着用しているときも、メイクをキレイにキープして、理想の仕上がりを叶えましょう。

「モイストバリアBB」+「エンリッチシルキープライマー」

マスク着用時に気になる化粧崩れの予防には、「モイストバリアBB」と「エンリッチシルキープライマー」の2つのアイテムを組み合わせて使うのがおすすめです。
モイストバリアBB
SPF32 PA+++
30ml 4,180円(税込)
モイストバリアBBは、肌にうるおいのベールを作って乾燥を防ぐBBクリームです。ヒト型セラミド※1を配合し、保湿とベースメイクを同時に叶えます。これ1つで化粧下地・ファンデーション・日焼け止め・美容液の役割を備えているので、ベースメイクをシンプルに仕上げたいときにもぴったりです。
※1 保湿成分:セラミドEOP,NG,NP,AP
エンリッチシルキープライマー
5g 2,750円(税込)
エンリッチシルキープライマーは、化粧下地と仕上げパウダーという、2つの使い方ができる便利なアイテム。絹から抽出したアミノ酸組成のパウダーが、余分な皮脂に吸着してテカリを抑えます。サラサラ感がありながらも、肌表面のうるおいを守る「グリコシルトレハロース」「ポリクオタニウム-61」「イソステアリン酸」を配合し、しっとりと仕上がるのが魅力です。
ETVOS(エトヴォス)では、こちらの2アイテムを使うことで、マスクに付きにくくなるか実際に検証しました。
まずは顔の左半分にモイストバリアBBを、右半分にモイストバリアBBとエンリッチシルキープライマーを塗布。
その後マスクを着用し、マスクの上から両頬を上下に5回ずつ擦ってどれだけ化粧崩れが起きるかを確認したところ、このような違いが現れました。
※ エトヴォス調べ。使用条件により効果には個人差があります。
HOW TO USE
モイストバリアBBを肌にムラなく伸ばします。その後、エンリッチシルキープライマーを重ね付けします。
こちらもおすすめ
仕上げにさっとひと塗りで、なめらか美肌へ。
ミネラルシルキーベール
SPF20 PA++
7g 3,300円(税込)

ミネラルマルチパウダー

ミネラルマルチパウダー
2.5g 2,530円(税込)
「ミネラルマルチパウダー」は、目元・頬・唇にマルチで使える便利なフェイスパウダーです。パウダー状でベタつかないので、マスクによるリップメイクの擦れが気になるときにおすすめします。
外出先での簡単なメイク直しにも便利です。カラー展開は「リネンベージュ」「トープピンク」「ヘルシーオレンジ」「エアリーモーブ(個数限定)」「ミモザオレンジ(個数限定)」で、どんなパーツにも自然となじみやすい色がそろっています。
HOW TO USE
パウダーを指に取ったら、自然とぼかすようになじませましょう。リップメイクに使うなら、「ミネラルトリートメントバーム」を塗ってから付けると、より崩れにくくなります。パウダーのぼかし方で陰影をつけると、ニュアンスのある仕上がりになります。
こちらもおすすめ
かさつくリップも、顔や爪にも。
ミネラルトリートメントバーム
2g 2,750円(税込)

ミネラルポアレススティック

ミネラルポアレススティック
2.5g 2,750円(税込)
「ミネラルポアレスティック」は、毛穴や黒ずみをカバーして目立ちにくくし、肌表面をなめらかに整える化粧下地です。サラサラとしたマットな仕上がりが特徴。マスク着用でテカリが気になるときも、皮脂の浮きを抑えてくれます。
スティックタイプのため、小鼻やTゾーンなどにピンポイントで塗りやすく、外出先でのメイク直しにも便利です。コンパクトなサイズ感なので、メイクポーチに入れて持ち歩きやすいのもポイント。
HOW TO USE
ファンデーションを付ける前に、5ミリ程度を繰り出して、気になる部分へ直接塗ります。その後、指の腹でやさしくなじませましょう。メイク直しで使うときは、最初にティッシュを使って軽く皮脂を落としてから、メイクの上へ直接塗ってなじませます。

マスク着用時の化粧崩れ予防に備え、メイクのコツを押さえましょう

マスク着用で化粧崩れが起こる原因と、化粧崩れを防ぐメイクのコツをご紹介しました。
マスクを着けているときは摩擦や蒸れが起こりやすく、さらには取り外した後の肌が乾燥しがちです。ベースメイクやリップメイクが崩れて気になる方は、メイク方法やアイテムを見直して対策してみましょう。

マスク着用時もメイクをキレイにキープしたいなら、ETVOS(エトヴォス)のアイテムがおすすめです。マスクを着ける機会が多い時期、是非いつものメイクに取り入れてみましょう。

RELATED PRODUCTSこの記事に関連する商品

RELATED ARTICLES関連記事