MAKEUP

知らない間に肌はダメージを受けているかも? 肌を狙う“スナイパー”太陽光に気をつけて

太陽光には、ビタミンDの生成を促進するなど、身体を活性化させる働きがある反面、紫外線のように肌トラブルの原因になる要素も。陽射しの強い夏に限らず、一年中、屋内にまで入り込み肌を狙っています。後で後悔しないよう、正しい知識を身に着けましょう。

POINT!

じわじわ備蓄的ダメージを与えるUV-Aとは?

紫外線 UV-Aとは、A・B・Cと3種ある紫外線のうち最も多く、地表に届く9割近くを占めます。波長が長く、家の中まで入り込んでくるため注意が必要!
コラーゲンやヒアルロン酸を生成する線維芽細胞を損傷させ、肌の黒化やシワ、たるみを引き起こします。

より強力なエネルギーを持つ「夏の紫外線」UV-Bとは?

紫外線 UV-Bとは、夏に集中的に増加し、肌への影響スピードが速いのが特徴。波長が短いため、主に表皮に強く作用し、赤い炎症を起こしたり、メラニンを作らせたりします。UV-A同様にシミやそばかすの原因になります。

未来の肌に影響を与える近赤外線とは?

近赤外線とは、表皮や真皮を通り越し、肌のハリを保つ皮下組織や筋肉にまでダメージを与えるといわれており、シワやたるみを引き起こす可能性があるという説もあります。

日常生活の中に潜む敵・ブルーライトとは?

ブルーライトとは、パソコンや携帯電話、液晶テレビから発せられる光のことです。肌にも影響を与える可能性があるなどと昨今言われています。

まとめ

美肌をキープするには、スキンケアはもちろんのこと、ダメージの元をブロックすることも必要です。
もともと日焼けをしやすいと言われる日本人女性にとってUV対策はマスト。肌に負担のない商品を選び、毎日こまめに手入れしましょう。

RELATED ARTICLES関連記事