MAKEUP

目の下のクマ対策|種類別のケアとメイクのコツ

目元は顔全体のなかでも特に印象に残りやすい場所です。
目の下にクマがあると老けて見えたり、疲れた印象を与えたりするおそれがあります。普段のスキンケアやメイクのテクニックで対策をして、気になるクマを上手にカバーしましょう。

ここでは、目の下のクマの基礎知識や、スキンケアでの対策方法、ハイライトを使ったメイクでカバーするコツをご紹介します。クマでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

POINT!

クマの種類と原因

目元の「クマ」とは、一体どのような状態を指すのでしょうか。
まずは、よくあるクマの見分け方や特徴、考えられる原因などの基礎知識をご紹介します。

クマとは

クマとは、目の下の皮膚が黒味がかって見える状態を指します。具体的には、加齢などの影響でくぼんだり、色素沈着を起こしているような状態です。顔にクマがあると、通常よりも老けて見えたり、疲れた印象を与えたりするのが難点です。

そんなクマには、主に3つの種類があります。それぞれのクマは黒・青・茶といった色で見分けられ、種類によって原因が異なるため、特徴を理解しておきましょう。

クマができる原因

黒クマ

黒クマとは、目の下に影ができて暗く見えている状態です。目の下の皮膚が乾燥すると、キメが乱れてくすんだ印象になるうえ、小じわも目立ちやすくなります。
また、加齢により目元の「眼輪筋」という筋肉が弱ると、たるみが生じます。これらにより生じたくぼみが、黒クマの主な原因です。
青クマ

青クマは、青黒い色に見えるのが特徴で、目の下の血管が透けて見えている状態を指します。主な原因として考えられるのは、血流の問題です。冷えや睡眠不足による血行不良などが青クマの主な原因だと考えられています。
茶クマ

茶クマとは、目の下が茶色くくすんでいる状態です。この場合、メラニンが沈着して茶色く見えている可能性があります。色素沈着は、日焼けや摩擦などの皮膚への刺激によって生じるため、紫外線対策やスキンケアの見直しを検討してみましょう。

種類別のクマ対策

ここでは、クマの種類ごとに自分でできる対策方法をご紹介します。ご自身のクマのタイプに合わせて、普段のスキンケアや日常生活での行動を見直してみましょう。

黒クマの対策

黒クマの対策では、年齢に応じた丁寧なスキンケアを行います。
その際は、乾燥による小じわを目立たなくするアイクリームなどの商品がおすすめです。
また、メイクではコンシーラーを塗って隠すよりも、ハイライターの光で飛ばして目立たなくする方法が適しています。黒クマの原因は影であるため、光を効果的に取り入れてコントロールするよう意識しましょう。

そんな黒クマの対策では、スキンケア効果とメイク効果を合わせもったETVOS(エトヴォス)の「ミネラルラディアントスキンバーム」がおすすめです。
こちらのアイテムは、乾燥小じわを目立たなくする効果※1が期待できる、日本初※2のハイライトバームとなっています。3種類のパールを配合し、皮膚の影を光で自然と飛ばすことで、黒クマの目立ちにくい仕上がりを実現できます。
※1 効能評価試験済
※2 日本で発売している乾燥による小じわを目立たなくする訴求のバーム状ハイライト製品において(Mintel社データベース内、2020年7月 ETVOS調べ)
ナチュラルな光とツヤで立体感
美容成分たっぷりのハイライトバーム

気になる目元や頬にひと塗りするだけで、肌にふっくら光が宿り、ツヤやかな立体感が生まれます。
ミネラルラディアントスキンバーム
4.8g 4,400円(税込)

青クマの対策

青クマの対策では、血行を良くする方法をお試しください。
たとえば、目のまわりをマッサージしたり、ホットタオルを2分ほど当てたりすると、血流が促されます。また、良質な睡眠を取って寝不足を解消する対策もおすすめです。メイクでは、コンシーラーでクマの部分を隠すと良いでしょう。このとき、青クマを目立たないようカバーするなら、血色がよく見えるオレンジ系のカラーが適しています。

そんな青クマの対策では、ETVOS(エトヴォス)の「ミネラルコンシーラーパレット」がおすすめです。
こちらのパレットには、オレンジベージュ・オークルベージュ・ナチュラルベージュの全3色が配色されています。パレットの各色を組み合わせれば、自分に似合うカラーを作れます。青クマを自然とカバーしたいときに便利なオレンジ系カラーの入っているアイテムです。
なお、コンシーラーの種類や選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。
クマのほか、シミやそばかすのお悩みにも触れているため、ぜひご一読ください。
お悩み別コンシーラーの種類と選び方 ▶︎
3色でどんな肌悩みも自然にカバー

天然由来のミネラルと植物由来オイルでできたコンシーラーパレット。
ミネラルコンシーラーパレット
SPF36 PA+++
3.1g 4,950円(税込)

茶クマの対策

茶クマの対策では、紫外線対策をしっかりと行い、メラニンの沈着を防ぐのがポイントです。
国内における紫外線量は、一般的に夏の時期にもっとも多くなるものの、紫外線は1年を通して存在しています。季節や天気にかかわらず、UV対策を行うよう心がけましょう。また、美白※3ケアによる予防という方法もあります。

そんな茶クマの対策では、ETVOS(エトヴォス)の「薬用 ホワイトニングクリアセラム【医薬部外品】」がおすすめです。
こちらの美容液には、美白※3有効成分の「トラネキサム酸」が配合されています。また、肌荒れを防ぐ有効成分の「グリチルレチン酸ステアリル」や、保湿成分の「ヒト型セラミド※4」が、くすみのないうるおい肌に保ちます。
シミ・そばかす※5・くすみ※6の原因へ
同時にアプローチする美白※3美容液

やさしくやわらかな使い心地で、みずみずしく透きとおるような肌へ導きます。
薬用 ホワイトニングクリアセラム【医薬部外品】
50ml 5,500円(税込)
※3 メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ
※4 保湿成分:N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン(セラミドNG)、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン(セラミドNP)、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン(セラミドAP)
※5 メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ
※6 乾燥によるもの

メイクでクマ対策をするコツ

目立ちやすい目元のクマは、化粧品を使ってカバーすると効果的です。ハイライトのコスメで光を効果的に取り入れて、気になる見た目をカバーしながらケアしましょう。
目の下のクマは、アイメイクで見え方をカバーする方法もあります。スキンケアでの対策方法と併せて、コスメを使ったテクニックをお試しください。
クマをカバーするときは、ベースメイクのコンシーラーで重点的に隠すほか、ハイライターを使う方法もあります。ハイライトのテクスチャーには、クリームタイプ・ペンシルタイプ・パウダータイプなどの種類があるため、ご自身の肌の状態に合わせてお選びください。目の下に指またはブラシで軽く乗せたら、薄く伸ばしてなじませましょう。

このとき、ハイライターに美容成分が含まれていると、肌をすこやかに整える効果が期待できます。ご紹介したETVOS(エトヴォス)の「ミネラルラディアントスキンバーム」には、美容成分が配合されているため、ぜひアイメイクへ取り入れてみてください。
なお、コンシーラーを使ったクマの隠し方は、以下の記事で詳しく解説しています。
メイクのテクニックやおすすめのアイテムについて、参考にご一読ください。
お悩み別コンシーラーの種類と選び方 ▶︎

クマの種類に応じて自分に合った対策を行いましょう

ここまで、目の下のクマの基礎知識や、スキンケアでの対策方法、ハイライターを使ってメイクでカバーするコツをお伝えしました。
クマには「黒クマ」「青クマ」「茶クマ」の3種類があり、それぞれ生じる原因が異なります。普段のスキンケアやメイクのテクニックで、ご自身のクマの種類に応じた対策を行いましょう。

目の下のたるみによる影が原因となる黒クマは、ハイライターを使ったメイクでカバーできる可能性があります。その際は、3種類のパールを配合したETVOS(エトヴォス)の「ミネラルラディアントスキンバーム」を使って、光をコントロールして自然とカバーする方法をお試しください。ミネラルラディアントスキンバームには美容成分が配合され、肌をすこやかに保つために役立ちます。

目元は顔の印象を左右する大切な部分です。目の下のクマが気になるときは、ご紹介した対策方法をぜひ参考にしてみてください。

RELATED PRODUCTSこの記事に関連する商品

RELATED ARTICLES関連記事