9,082 views
 
Loading

#LIFESTYLE

キレイをもっと実らせるHow to Use Your Items

キレイをもっと実らせる
How to Use Your Items

スキンケアも、メイクアップも、
ライフスタイルも、
大切なのはきっと、自分自身が楽しむこと。

ささっと手早く済ますこともできるけれど、
自分のために少しだけ手間をかけて、
心を込めて。

これからご紹介する一つ一つのHow toが、
キレイという実りにつながりますように。

SEASONAL SALAD
w/ HONEY LEMON DRESSING
シンプルを、丁寧に。

切って、焼いて、盛り付ける。
自分のために、誰かのために、
今日の一皿がお気に入りになるように。
美味しいひとときを、いただきます。

材料(2人分)

サラダ

ズッキーニ…1/2本

さつまいも…1/3本

レンコン…60g

赤パプリカ…1/2個

しめじ…1/2株

葉野菜…適量

パセリみじん切り…
適量

オリーブオイル…
大さじ2

ニンニク…1かけ

ドレッシング

レモン汁…
大さじ1

フレンチマスタード …
小さじ1/2

はちみつ…
小さじ2

オリーブオイル …
大さじ1と1/2

粗塩…小さじ1/3

1.ズッキーニ、さつまいも、レンコンは、薄めの輪切りにする。それぞれ水にさらしてから、水気をしっかり拭く。

2.赤パプリカは一口大に切る。しめじは小房にわける。

3.フライパンにオリーブオイル大さじ1と皮を剥いたニンニク1かけを入れて熱し、1の野菜を片面ずつゆっくり中火弱で焼く。残りのオリーブオイル(大さじ1)を足しながら、赤パプリカ、しめじも焼く。

4.ドレッシングの全ての材料を空瓶に入れてよく振る。

5.焼いた野菜と葉野菜を一緒に盛り合わせ、4を適量まわしかけ、刻んだパセリを散らす。

POINT
ドレッシングは瓶の中でしっかり振り、よく乳化させます。 サラダの具材は季節やお好みで自由にアレンジしてみてください。

レシピ提供・料理 渡辺有子

How to Apply
SKINCARE
もっと肌に響く、
スキンケアの使い方。

誰にとっても、ダメージやエイジングサインが
表れやすい秋冬の肌。
その肌の未来を変えていくことができるのは、
自分の「手」で続けていく、毎日の「一手間」。
いつものアイテムも手のひらで軽くあたためてから
なじませると、浸透※1をより感じられるはず。

※1 角層まで

ローション

とろみがあり、肌への弱・摩擦感にもこだわったエトヴォスの化粧水。
そのなじませ方にもひと工夫を。

How to Apply

適量(エトヴォスの場合は500円玉大が目安)をたっぷり使いましょう。

全部の量を一度に出さず、2〜3度に分けて手に取り、少し時間をかけて丁寧に浸透※1させましょう。

顔を手のひらでやさしく包み込むハンドプレスや、乾燥が気になる箇所へのコットンパックもおすすめです。

※1 角層まで

セラム

1本で美容液と乳液の両方の効果を得られる、エトヴォスのセラム。
その保湿力を、正しい使い方でより体感しましょう。

How to Apply

ローションが浸透※1し、肌表面がもっちりしてからセラムをなじませましょう(約2プッシュ分)。

表情筋に沿って、顔の中心から外側に向かってなじませ、やさしくハンドプレス。うるおった肌から、ツヤやハリ感が出てきます。

乾燥が深いときには、贅沢にセラムパック。約10プッシュ分を肌表面にのせ、5分ほど置きます※2

※1 角層まで
※2 「5分」ほど置くことで、時間とともに肌になじみます

クリーム

気温や湿度が低下する季節は、特に欠かせないクリーム。
お手入れにきちんと取り入れることで保湿の持続も高まり、肌の未来も輝きます。

How to Apply

クリームは、うるおった肌によくなじみ、効果を発揮します。事前にローションとセラムをよく浸透※1させておきましょう。

手のひらでクリームをあたためてから、表情筋に合わせてやさしく顔をマッサージするようにしてなじませます。乾燥が気になる箇所には重ね塗りを。

乾燥で硬くなりがちな大人の肌には、標準の2~3倍の量を使用してOK。エトヴォスのクリームはベタつかず、肌に上質なやわらかさを感じさせてくれます。

※1 角層まで

How to Apply
BASE MAKEUP
うるおいとツヤに満ちた、
なりたい肌の作り方。

大人の女性にとって「厚塗り」は大敵。
それでも気になるところはカバーしたい…。
そんなジレンマを解決してくれる
メイクアップアーティスト直伝のアイディアで、
毎日お気に入りの肌を手に入れませんか?

メイク下地

乾燥やエイジングが気になる肌におすすめするのは、美容液のような使い心地のメイク下地。
乾燥小じわも目立たなくしてくれます※1

How to Apply

うるおい効果が高いメイク下地は、乾燥している部分にだけ重ね付け。適量は、肌表面が程よくしっとりした状態です。

一通り塗り終わったら、鏡の前で顔を左右に動かして、肌が均一なツヤで覆われているかチェック。塗り残しや塗りすぎを防ぎます。

メイク下地の色選びで、肌のトーンを整えてあげましょう※2

ラベンダーベージュ[9月7日(水)全国発売]
黄ぐすみをカバーし、透明感が一層引き立つトーンに。

クリアベージュ
色ムラを整え※2、ナチュラルであたたかみのあるトーンに。

※1 効能評価試験済
※2 メイクアップ効果によるもの

クッションファンデーション

カバー力とナチュラルさを同時に叶えたい方には、エトヴォスのクッションファンデーションがおすすめ。美しいツヤ感も秀逸な、人気アイテムです。

How to Apply

付属のパフに適量を取り、顔全体に軽いタッチでのせた後、使っていない部分のパフで軽くタッピングしながらなじませます。

濃いシミなどのカバーしたい箇所には、パフを肌に押し当てるようにタッピング。より薄く仕上げたい口まわりやフェイスラインは、軽いタッピングでなじませます。

顔の中心(頬の内側)からフェイスラインに向かって塗り進めていくことで、内側はしっかりカバー、外側は薄づきナチュラルに仕上がります。

ハイライト

ツヤ感と立体感を生み出すハイライトは、ベースメイクのクライマックス。
小顔効果、リフトアップ効果、表情のメリハリ感、生き生きとした輝きなど…※2
定番の鼻筋、おでこ、Cゾーンにはもちろん、そのほかの位置につけても様々な効果を生み出してくれます。

How to Apply

A

目頭にくの字で入れると、目力が自然にアップ。 メガネの鼻あて箇所に塗ると、表情にこなれ感。

B

アイシャドー、もしくはアイシャドーベースとして使うと、まぶたに立体感。 目尻にくの字、目の下の三角ゾーンに入れると、顔立ちにメリハリ。

C

小鼻の脇に塗ると、ほうれい線が目立たなく。

※2 メイクアップ効果によるもの

プロのメイクの必需品
もっとカンタン・キレイを叶えるブラシ

ブラシとパフが一体型になっていて、メイク下地・ファンデーション・ハイライトのすべてに使える便利なアイテム。手を汚すことなく均一に塗布できるので、外出先でのメイク直しにも。

2022 AUTUMN/WINTER
ETVOS life

PRODUCTS紹介したアイテム

RELATED ARTICLES関連記事