いらっしゃいませ ゲストさん

ミネラルファンデーションのエトヴォス TOP > 特集ページ > 深い色と質感が決め手!スモーキーカラーで、秋美人に

2018.08.24

  • メイク

深い色と質感が決め手!スモーキーカラーで、秋美人に

今回教えてくれた人

RIKAさん
ヘア&メイクアップ
アーティスト

RIKAさん
NYで活躍の後、東京ベースに。ファッションのトレンドも踏まえたおしゃれなメイク提案に定評あり。

「秋のメイクといえば影色ブラウン」だったのは昨シーズンまで。今年はネイビーやアッシュグレイ、赤みブラウンなどひとひねりしたスモーキーな色がトレンドに。おしゃれ感満載の秋色を使ったメイクを教えてくれたのは、人気ヘア&メイクアップアーティストのRIKAさん。ひとさじのモード感をプラスしつつ、デイリーに秋色をこなすコツをうかがいました。肌や髪の質感もコントロールすれば、ちょっぴり差のつくシックな美人のできあがり!

シアーな濡れツヤを重ねて作る ヘルシー好感度メイク

60年代女優風のアイラインも、ネイビーならこんなに知的でモダンに。凛とした強さの漂うおしゃれ顔です。

ネイビーラインで洗練アイズに

目尻をハネさせるラインも、ネイビーのシャドウで作れば派手すぎず知的な印象に。繊細なゴールドとアイボリーの輝きでやさしさもにじむ目元に。

How to use
skin01
1.黒ラインと輝きを仕込む

目尻1/3から黒のラインを入れ、裾をハネさせる。Bのゴールドを上まぶた全体に入れる。

eye01
2.二重幅とアイホールに影を

Cを太チップで二重幅に入れる。ブラシでアイホールのくぼみにも入れて立体感を強調。

eye01
3.ネイビーで眼差しを強調

Dのネイビーを細チップにとり、仕込んだ黒のラインの上に重ねるようにして目尻に入れる。

eye01
4. 光の効果で、立体感もUP

下まぶたの目尻側1/3にもグレイを入れる。ネイビーのラインは好みに合わせ控えめでもOK。

BEAUTY COLUMN

輝きを加えるひと手間で彫りの深い目元に
eye

アイメイクの仕上げにおすすめなのが、まぶた中央と目頭にミネラルクラッシィシャドーのAを重ねるテクニック。まぶたの立体感が強調され、光の反射で白眼が澄んで見えるひと手間です。

How to use
ネイビーとの相性抜群!こっくりベージュを直塗り

目元にインパクトをもたせたメイクなので、口元は肌なじみの良いベージュがおすすめ。ほどよいツヤもあるタイプで、輪郭まできっちり塗るのがコツ。

How to use
骨格を立たせるような影色をふわっとプラス

凛としたネイビーの眼差しには、陰影を強調する影色チークを合わせて。ミネラルシマリングデュオのハイ&シェイドをブレンド。頬骨の高い位置からこめかみに向かって斜めに入れて。

柔らかな日差しに恋する 大人の“こなれオレンジ”メイク

今シーズンも、赤みブラウンの人気は継続中。深いアッシュブラウンとシャンパンカラーのきらめきを加え、女らしさを際立たせて。

大人の“こなれオレンジ”メイク

ブラシづけで叶える柔らか肌

女度の高いアイメイクに似合うのは、ふんわりフォギーで、毛穴や色ムラを感じさせないマシュマロ肌。ブラシづけなら簡単に美肌に。

How to use
skin01
1. 「内から外へ」で自然な印象に

ファンデーション表面をブラシで2〜3回なでてとり、額中央から外側へ塗る。

eye01
2. 眉上は「ブラシを横」でシャープに

眉毛のキワは、ブラシを横に使って。再びファンデーションをとり、両頬にものせる。

eye01
3. 鼻周りはすうっと「上から下」へ

目頭の横から小鼻まで、眉間から鼻先までと鼻周りは「上から下」方向に塗る。

eye01
4. 細かい凹凸にもぴたっとフィット

小鼻周りや目のキワなど細かい部分も塗る。パフで全体をさっとなでるとさらに密着。

BEAUTY COLUMN

“高めチーク”で目元とリンクさせて色っぽく
eye eye

目元の赤みとリンクするような色のチーク、それも練りタイプを選ぶとぽっと上気したような頬に。頬骨よりやや高め、目に近い位置に入れると血色感が際立ち、色気がふわっと立つ顔に。 使用アイテム:ミネラルブロンズグロウ

How to use
あえてラインはなし。色の魅力で女らしく

ミネラルクラッシィシャドーのBを太チップで上まぶたの二重幅と下まぶたのキワに。上まぶたに太チップでCを重ね、指で境目をぼかす。Aを太チップにとり、目頭にのせてハイライトに。

How to use
グラデーション塗りでぷっくり立体唇に

目元に合わせ、赤を含んだブラウンのリップを。輪郭をとるように外側から直接塗り、唇中央部分は何度も重ねる。自然とグラデーションができ立体感ある唇に。

眉を変えてイメチェン! ちょい太眉で叶えるおしゃれ顔

ディナーなど、夜のお出かけにぴったりなのがツヤ目元のメイク。秋らしいスモーキーカラーに輝きで華を足して、クールな女を気取って。

ちょい太眉で叶えるおしゃれ顔

輝くグレイで”いい女感”満載!

春に爆発的ヒットとなったアイバームの秋新色を使ったのがこちら。濡れたように輝く鈍色の効果で、スタイリッシュなハンサム顔に。

How to use
skin01
1.まずは目頭にたっぷり

まつ毛の間を茶色のペンシルで埋める。アイシャドウブラシにアイバームを取り、目頭にオン。

eye01
2.まぶた全体をしっとり彩る

アイホール全体にアイバームをのせる。目尻側は目の幅より少しはみ出すくらいが格好いい。

eye01
3.下まぶたも輝かせて印象的に

再びアイバームをブラシにとり、下まぶたの目尻側から黒目下まで補足細く入れ、フレームを強調。

eye01
4.ぐるりと目を囲めばこんなにクール

最初にのせた目頭側の輝きとつなげるように、下まぶたの目頭から黒目下までぐるりと囲む。

BEAUTY COLUMN

髪も濡れ艶で格好よく
eye01

格好いい濡れまぶたに合わせ、髪にも艶を。エアリースムースヘアミルクを髪全体につけ、ヘアオイルセラムを毛先につけて束感を。

左:エアリースムースヘアミルク(10月10日発売予定)

右:ヘアオイルセラム(10月10日発売予定)

How to use
チークを斜めに入れてスタイリッシュに

ミネラルシマリングデュオの2色を混ぜ、頬骨の高い位置からこめかみへシャープに入れる。チークと目の間の高い位置にミネラルトリートメントバームをのせ、指でなじませてツヤを足す。

How to use
今秋の注目カラー、パープルレッドを潔く

赤みの強いモード感あふれるパープルは、狙い目カラーのひとつ。ミネラルシアールージュを唇に直塗りして凛とした印象に。口角まできっちり潔く塗るのがハンサム顔になるコツ。

ページトップ