しぐさ?いえいえ、美活です!日常でできる美容テクニック

2015/04/21 10:00
しぐさ?いえいえ、美活です!日常でできる美容テクニック 女性にとって尽きることがない美への探究心。毎日のスキンケアやサロンでのスペシャルケア、食事法、エクササイズなどを実践している方も多いことでしょう。 今回ご紹介するのは日常でできる美容法です。「それってしぐさ?」と思えるほど自然な美容テクニックは、コツコツ続けることが大切。仕事や家事の合間にきれいを磨く、とっておきの方法をご紹介します。

夕方の脚のむくみは「足首くるくる運動」で解消

夕方の脚のむくみは「足首くるくる運動」で解消 立ち仕事や長時間同じ姿勢が続くとむくみが生じる脚。夕方になるとパンプスがきつくなったり、朝は楽に履くことができたブーツがパンパンになっていたり……。血行が悪くなることでむくんでしまう脚は、働く女性にとって避けられない悩みといっても過言でありません。 むくみを解消するためには、こまめに動くことがポイント。外出時はできるだけ階段を使ったり、休憩時に屈伸運動をしたりするだけでも軽減されます。 とはいえ、デスクワークが多い、忙しくて外出もままならないという方も多いでしょう。そんなときにおすすめなのが「足首くるくる運動」です。脚を組み、上にのった脚の足首をくるくる左右10回程度回すだけ。1時間に1回程度行うだけで、脚がすっきりするのがわかるはず! 電車やランチタイムなど、イスさえあればどこでも手軽にできることができるので、座ったら「足首くるくる」を実践してみてくださいね。

艶っぽいしぐさでデコルテのリンパを流す

艶っぽいしぐさでデコルテのリンパを流す デコルテや首筋の美しい女性は、なんとも艶っぽい美しさがあります。男性が思わずチェックしてしまうパーツというのも納得。実はこのデコルテラインには、むくみを取り除く秘密が隠されているのをご存じですか? 首筋から鎖骨にかけて走るリンパには、体の老廃物を排出する働きがあります。これが滞るとむくみやシワ、くすみ、ニキビといった肌トラブルに直結します。  リンパの滞りを解消するためにはマッサージが効果的です。毎日のスキンケアのついでに、ボディクリームや美容オイルを首筋、鎖骨になじませていきます。この動きをマスターしておけば、日中の「しぐさケア」にも応用することができます。おすすめは<エイジングケア オイル>。ローズの香りが仕事疲れを癒してくれます。 <エトヴォス エイジングケア オイル>\3,000(税別) 中指と薬指を首筋に当て、肩までゆっくりやさしくなぞっていきます。その流れで指を鎖骨まではわせます。左右3回を目安に行えば、首周りやフェイスラインがすっきり。 ここでポイントとなるのが「クロスの法則」です。左の首筋をケアするときは右手、右の首筋は左手で行えば、より美しく、自然に見せることができます。首やデコルテのマッサージは、あまり頻度が高いと視線を集め過ぎてしまうかもしれません。「さりげなさ」を忘れずに。

姿勢美人でぽっこりおなかを改善

姿勢美人でぽっこりおなかを改善 長時間のデスクワークは疲れるもの。気がついたら猫背になっていることってよくありますよね。猫背は骨格を歪めるだけでなく、顔のたるみやシワにも影響するといわれています。また、背中が丸まっていては見た目年齢がプラス10歳になるという説も……。勤務中、ずっと背筋を伸ばすのは大変ですが、1日30分と決めれば続けられると思いませんか? 背筋を伸ばすことでぽっこりお腹も改善されますよ。 ポイントはできるだけイスに浅く腰掛けること。すると自然に背筋がピンと伸びます。このとき、おなかも意識して引っ込めてみましょう。30秒間キープすることで自然に腹筋が鍛えられます。

ペン美顔マッサージで夕方までに小顔をゲット!

ペン美顔マッサージで夕方までに小顔をゲット! お酒を飲み過ぎたり、寝不足だったりすると翌朝顔がパンパン! なんて経験はありませんか? 印象を大きく左右する「顔」は、女性にとって常に意識するパーツではないでしょうか。トラブルがあると気分も姿勢もうつむきがち。これではきれいがどんどん遠のいてしまいます! むくみは1秒でも早く取り除きましょう。 顔のむくみを取ったり、血行を良くしたりするためには、美顔器や美顔ローラーが便利です。でも、オフィスに持ち込むわけにもいきませんよね。コンパクトな美顔ローラーも、人前で使うのは非常識。 そこでおすすめなのが、ペンを使った美顔マッサージです。ペンを、頬骨のあたりに当て、くるくる回すように揉みほぐします。こすることで滞ったリンパの流れが促され、顔の向きやフェイスラインがスッキリ。ここでも美容オイルは活躍してくれそう。肌に薄く伸ばしてからマッサージをしましょう。くれぐれもペン先を当てないように気をつけてくださいね。

ブレイクタイムにはルイボスティーを飲もう

ブレイクタイムにはルイボスティーを飲もう 休憩時に清涼飲料水を飲まれる方もいるでしょう。のどごしが爽やかで気分がすっきりしますが、そのほとんどに糖分が含まれていることを忘れてはいませんか? うっかり飲み過ぎると体液中の糖分濃度が上昇。体は糖分を薄くしようとがんばるため、水分を溜めこみます。すると全身がどんどんむくみ、顔やボディがパンパンに……。ランチタイム以外の飲み物は、できるだけ無糖のものを選ぶようにしましょう。 南アフリカ原産のルイボスティーは「不老長寿のお茶」とも呼ばれ、体質改善やデトックス効果に優れていることで知られています。豊富に含まれるミネラルが腎臓に働きかけ、老廃物や余分な水分を運ぶリンパの流れを促進。尿や汗から余分な水分を排出することでむくみを予防します。また、シミやくすみをつくるといわれる活性酸素を取り除くため、エイジングケアにもおすすめ。ティーバッグをオフィスに常備しておくと便利です。ホットでもアイスでもおいしくいただけますよ。 いつまでも美しくあるためには、毎日のコツコツ美容が大切。日常でできる「しぐさ美容」を取り入れ、明日の「きれい」につなげましょう。