サビだけじゃない、老化の原因は“コゲ”にある? 新しいアンチエイジング「抗糖化」とは


【82】画像1

アンチエイジングのキーワード「抗酸化」。体の酸化(サビ)を防止し、老化の原因となる活性酸素を除去しながら食事やサプリメントなどで抗酸化物質を補おうとするエイジングケアです。
ところがここ最近、新たなアンチエイジングの手法として、「抗糖化」というものが着目されているのをご存じですか? 
酸化が「サビ」であるとすれば糖化は「コゲ」。そのメカニズムと対処法をご紹介しましょう。

身体が「コゲる」!? 糖化のメカニズム

今、美容界で注目を集めている「抗糖化」。酸化も糖化も老化を促進させる現象ですが、近年の研究で酸化よりも糖化の方が老化のスピードが速めることがわかってきました。糖化とはどんな現象なのでしょう。

糖化(メイラード反応)とは、体の中でたんぱく質や脂肪などが糖(グルコースなど)と反応して変性することを言います。
ここでちょっとホットケーキをイメージしてみましょう。牛乳、卵、砂糖を混ぜた生地を焼くと、あま~い香りを放ち、こんがりと焼き色が付いた美味しいホットケーキになりますよね。実はこれがメイラード反応、つまり糖化なのです。

こうしてできた糖化たんぱく質は、厄介なことに分解・排出されにくく、体内のあちこちで蓄積されていき、本来の機能が低下してしまいます。

糖化が招く肌トラブル

糖化の現象が体の至るところで起きると、「コラーゲン」や「ケラチン」などのタンパク質の一種が、糖と結びつくことによって固くなり、肌に悪影響をもたらします。
また、糖と結びついたたんぱく質は、最終的に「AGEs」という褐色の物質に変化します。
これにより、肌の透明感が失われ、黄ばみやくすみが感じられるようになります。
肌のハリ、弾力、キメが失われ、さらにはくすみも目立つようなら、それは糖化のサインかもしれません。

今すぐ始めよう、抗糖化生活

さて、肌の若々しさは保つためには抗酸化に加え、抗糖化ケアが必要だということがおわかりいただけましたか? 
抗糖化ケアは一言でいうなれば、「血糖値を急激に上げない生活習慣」が大切。次の3つの原則に沿ってライフスタイルを見直してみましょう。

1. 血糖値が急激に上がる食品は控える
じゃがいも、白米、パンなどは高GI食品です。GI値とは、その食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもの。値が低い食品ほど、血糖の上昇が遅くなります。ファーストフードやスナック菓子など脂肪や糖分の多いものは避け、GI値が低い野菜中心の生活に切り替えましょう。
また、「白い食品」よりも「黒い食品」にGI値が低いものが多く、白米より玄米、食パンも全粒粉、うどんよりそばなどがあげられます。
2. 食事はまず野菜から
血糖値が上がるのは食物が腸に届いたとき。野菜に多く含まれる食物繊維は腸への移動を遅くするだけでなく、吸収も緩やかにし、血糖値の上昇を抑えます。空腹時の食事こそ、まずは野菜を食べましょう。納豆やお酢なども血糖値の上昇を緩やかにする効果があるのでオススメです。
3. 基礎代謝&成長ホルモンUP!
基礎代謝とは、何もしていない状態で消費されるエネルギーのことで、基礎代謝がアップすると糖も消費しやすくなります。筋トレなどが効果的。
また、美肌成分に欠かせない成長ホルモンも、運動と質の良い睡眠で分泌を促すことができますよ。

ダイエットだけではなく、アンチエイジングの大敵でもあった糖分。抗糖化生活は老化だけでなくダイエットにも効果的で一石二鳥。とはいえ、女性にとって甘いスイーツは、時にほっと心を和ませてくれるものでもあります。
上手に食生活に取り入れながら、余分な糖を体に溜めない生活を心がけましょう。

photo credit: Pink Sherbet Photography via photopin cc