キレイを引き込む!秋の夜長の快適バスタイム術


【61】画像1

秋本番、バスタイムが楽しい季節になってきましたね。一日の疲れもお風呂にゆっくり浸かれば吹き飛んでしまうほど、日本人の私たちにとってバスタイムとは大切な癒しの儀式のようなもの。そして、女性なら自分をピカピカに磨き上げるための美活時間として上手に利用したいですね。そこで今回は、リラックスして美容にも効いちゃう快適バスタイム術をご紹介します。

間違った入浴していませんか?

なんとなく面倒で毎日シャワーだけで終了、なんてあっさりバスタイムを済ませていませんか? もちろん汚れを洗い流してスッキリはしますが、体が温まっていないため、これでは本来のリラックスとはいきません。また、42〜43℃程度の熱いお湯が好きという人も多いですね。実は、これもNG。熱すぎるお湯は、交感神経を刺激して体全体を興奮状態にさせます。これではリラックスどころではありません。

いずれにしてもせっかくの癒しタイム、もっとじっくり体を休めることのできる入浴法を意識したいですね。

ゆっくり長湯のすすめ

たくさんの効果が期待できるバスタイム。成功の鍵は温度と時間にあります。理想的な湯温は、37〜39℃の微温浴。これに30分程度浸かるのが一番効果的だそう。体を休ませる副交感神経が活性化され、一日ストレスにさらされた緊張状態の体を緩めてリラックスさせてくれます。副交感神経が活性されると、眠りをスムーズに誘う、リンパ球の増加により免疫力もアップする、など体への嬉しい効果が期待できます。また、たっぷりの汗が老廃物を排出してくれるので、美肌にも効果的。

長湯に理想的な半身浴

30分の入浴をオススメする理由は、微温でじわじわと体を温めるため。体を本当にリラックスさせるには、芯からしっかりと温めることがポイントです。でも、30分ってちょっと長いような……という方にオススメの入浴法が「半身浴」。胸の下あたりまでの湯量で、20〜30分浸かります。胸から上は、濡れていれば水気を拭き取り、肩にタオルをかけて冷えないようにしましょう。

さらに優雅に過ごすなら、エッセンシャルオイル入りバスソルトなどで香りを楽しんだり、防水スピーカーを利用した音楽プレイヤーでBGMを流したりして、特別な空間を演出してみましょう。時には目を閉じてゆっくり時間の流れを感じてみてください。

バスタイムは、毎日仕事や時間に追われる生活を送っている人には、もっとも身近で手軽なリラックス方法です。体が温まると自律神経を調えることにも繋がり、健康はもとより美しい肌作りにも欠かせません。一日の疲れをしっかりリセットして、翌朝また新しい自分に出会うためにも、癒しのバスタイムは上手に活用したいですね。

photo credit: Dennis Wong via photopin cc