知らないあなたは損してる!?グルテンフリーダイエット入門


【46】画像1

アメリカのスーパーやレストランに行くと、最近やたらと目にするのが「グルテンフリー」の文字。日本でもミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントだったエリカ・アンギャルさんの本などで、耳にしたことのある人もいるのでは? ハリウッドでも新常識となりつつあり、ビクトリア・ベッカム、ミランダ・カー、マイリー・サイラスなど、そうそうたるメンバーが実践者として名を連ねます。このグルテンフリーダイエット、実は特別なことではなく、普段の食生活で少し気をつけるだけで、無理な食事制限をすることもなく実践できてしまうのです。そう聞くと興味がわいてきませんか? グルテンフリー入門、始めましょう!

まずはグルテンについて知ろう!

グルテンフリーダイエットとは、その名の通りグルテンを含まない食生活のこと。

グルテンは小麦に含まれるタンパク質の一種で、パンやうどんのもちもち感や弾力のもとになる働きをするものです。グルテンフリーダイエットはもともと、グルテンにアレルギーや過敏反応を持つ人のために作られた治療法のひとつでした。

しかし欧米でこのような症状を持っていない人たちが実践してみたところ、ダイエットなどの効果が出たと噂が広がり、ハリウッドセレブたちが実践し始めたことで、人気に火がつきました。

アレルギーに気づいていない人も多い!?

グルテンアレルギーの人がグルテンを摂取すると、小腸が過敏に反応して消化不良になり、吐き気や痛みを引き起こす場合があります。しかし多くの人は自覚症状がない、もしくは症状がこれよりも軽いため、グルテンアレルギーと気づいていないことも多いといいます。このような人がグルテンフリーダイエットを実践してみると、体調や肌の調子が格段に良くなったと感じるそうです。

アレルギーのない人も小麦の取りすぎに注意!

ではアレルギーのない人にはどのような効果が期待できるのでしょう? 気になりますよね。小麦にはグルテンの他に、アミロペクチンAという成分が含まれています。

この成分には体内の血糖値を急上昇させ、インスリンの分泌を急激に増やす働きがあります。インスリンは脂肪を蓄えるホルモンでもあるため、これが頻繁に放出されることで太りやすい体質になるといわれています。

また、グルテンには気分を高揚させる作用があり、これが食欲を刺激し、「もっともっと食べたくなる」中毒にも似た状態を作りだすともいわれています。

実践する際のポイント

上でも触れた通り、グルテンフリーダイエットは食事から小麦を抜くだけといういたってシンプルなものです。

パン、パスタ、うどん、ラーメン、お好み焼きとわかりやすいものから、見落としがちなところでは、市販のカレールーや、種類によってはつなぎに小麦粉が使用されていることのある、そばなどがあります。パッケージ裏に記載されている原材料をよく見て確認しましょう。

そして何よりおぼえておきたいのが、日本の伝統的な食事は、一部の例外を除いて基本的にグルテンフリーだったということ。私たちの祖先が伝統的に食べてきたものを見つめ直すいい機会になるかもしれないですね。

小麦粉が主食の欧米人に比べて、伝統的に米中心の食生活をしてきた日本人はグルテンフリーダイエットをより実践しやすいといえます。グルテンフリーダイエットのいいところは極端な食事制限などがなく、続けやすいことにもあります。あなたもグルテンフリーダイエット、試してみませんか?

参考:
エリカ・アンギャルの新提案「グルテンフリーダイエット」

photo credit:
Rita.Yang via photopin cc