今やるべき!秋に差がつく『ビタミンC誘導体』の美肌効果


ビタミンC誘導体

ビタミンCは、果物や野菜などに存在し、人の体内では作ることができないため、必ずとらなければならない大切なビタミン類のひとつです。

ビタミンCは、水溶液中ではとても不安定で壊れやすく、化粧品にはそのままでの形では配合しても短期間で効果を失ってしまいますので、通常は誘導体という形で配合されています。

ビタミンC誘導体はそのままではビタミンCの働きをしませんが、皮膚に浸透して、皮膚に存在する酵素によって誘導体部分が切り離されることでビタミンCが働く状態になります。

ビタミンCの美白効果

ビタミンCは美白に効果があることはよく知られています。

紫外線は皮膚の色素細胞に働きかけてメラニン色素を作らせます。
このとき働く酵素が「チロシナーゼ」という酵素です。
ビタミンCはこのチロシナーゼの活性を抑えることでメラニンができるのを妨げます。

また、メラニンには2種類あって、濃い色のユーメラニンと淡い色のフェオメラニンのうち、フェオメラニンが多いと肌が明るく見えます。
ビタミンCは、ユーメラニンをフェオメラニンに変換する働きがあり、シミを目立たなくします。
ビタミンC誘導体

ビタミンCのニキビ改善効果

ニキビでは、アクネ菌の増殖によって活性酸素が発生して炎症が悪化したり、角層が厚くなり角質層に異常が起こります。これによってさらに新たなニキビが発生します。

ビタミンCはこの活性酸素を消して炎症を抑え、角層が厚くなることを防ぎます。
特に油溶性のビタミンC誘導体はニキビを抑えることが知られています。
またニキビ跡の色素沈着も抑えてくれる優れものです。

ビタミンCのアンチエイジング効果

人の老化の原因には様々な要因がありますが、活性酸素によりDNAが壊れることもそのひとつです。
活性酸素は炎症を引き起こし、表皮が厚くなったり、コラーゲン量を減少させます。
そうして、シワやたるみなどの老化の症状が現れるようになります。

ビタミンCは、活性酸素を消すことによってDNAが壊れることや細胞内の過酸化レベル、さらに酸化ストレスを軽減します。
また、ビタミンCは真皮でコラーゲンが作られるのを助け、分解されにくくします。
そのため、シワやたるみを防いでハリのあるお肌を維持する働きがあります。

これからの季節は、紫外線によって活性酸素も増えてきます。
ビタミンC誘導体を上手に活用して酸化ダメージをなくして美肌を維持してください。
秋に大きな差になって現れてきますよ!

関連商品:ビタミンC誘導体配合『バランシングライン トライアルキット』