老化をストップさせるってホント?注目すべきは「サーチュイン遺伝子」


老化をストップさせるってホント?注目すべきは「サーチュイン遺伝子」

「サーチュイン遺伝子」をご存知ですか? 別名「若返り遺伝子」とも呼ばれ、すべての人が生まれた時から持っている遺伝子です。名前の通り、老化を抑制し、さらに寿命を伸ばす働きがあることで、近年注目されています。
しかし、サーチュイン遺伝子は普段は眠っている状態です。そのため、効果を得るにはこの遺伝子にスイッチを入れることが必要です。

さぁ、今すぐサーチュイン遺伝子を呼び覚まし、心身共に若返りましょう!

サーチュイン遺伝子の働きとは?

サーチュイン遺伝子は、体の中のすべての遺伝子を漏れなく点検し、損傷した遺伝子を修復する働きを持っています。つまり、アンチエイジングと大きな関わりがあるのです。この遺伝子が活性化すると、細胞の中のミトコンドリアの量が増え、エネルギー効率が高まります。エネルギー効率が高まると、寿命が伸びるということに繋がります。

では、サーチュイン遺伝子のスイッチはどうしたらオンにすることができるのでしょうか?

サーチュイン遺伝子をオンする方法とは?

サーチュイン遺伝子のスイッチをオンにするには、空腹状態をつくることが必要です。具体的には以下のような方法があります。

1. 空腹時間を30分~1時間保つ
空腹時間をきちんと作ることで、サーチュイン遺伝子がオンになります。また、空腹感を保ったあとは、すぐに食事をすることを心がけて下さい。

2. 1日の摂取カロリーを800kcal程度に抑え、1回の食事量を腹7分目にする
食べる量を減らせば、空腹時間も長くなり、サーチュイン遺伝子が働きやすくなります。ただし、カロリーを減らしすぎると、免疫力低下や骨密度の減少が起こる場合があります。そのため、食べる量に気をつけ、栄養バランスの良い食事でカロリーを制限することが重要です。

このようにご紹介したものの、実際にこれを毎日実行するのは、なかなか難しいもの。そこで、どうしても空腹が我慢できない方には、次のような方法もあります。

3. レスベラトロールの摂取
レスベラトロールとは強力な抗酸化作用を持つ、ポリフェノールの一種です。サーチュイン遺伝子に直接働きかけ、活性化を促してくれる成分で、ぶどうの皮やピーナッツの皮、イタドリ(多年草植物)などに含まれています。食品から摂取するには赤ワインが思い当たりますが、実際は赤ワイン1本に含まれるレスベラトロールはわずか1mg程度。そのため、サプリメントで摂取する方法が適しています。
この時、注意していただきたいのが、サプリメントの種類です。サーチュイン遺伝子を活性化させるのは、レスベラトロールの中でも、ブドウ由来の「トランスレスベラトロール」や「ビニフェリン」です。きちんと効果を得るためには、ラベルをよく見て購入して下さいね。

サーチュイン遺伝子の働きで得られる効果とは?

サーチュイン遺伝子は老化を防ぐだけでなく、美容や病気の予防にも効果があります。具体的には、しみやシワの予防、脂肪の燃焼、動脈硬化の抑制、ガン・生活習慣病の予防など、その他にも約100種類もの老化要因を抑制する働きがあります。
また、サーチュイン遺伝子はどんな年代の方にでも活性化することができるので、今から「若返りたい!」と思っているすべての方に、おすすめの方法です。

いつまでも若々しくありたい……これは女性にとって永遠のテーマです。人が老いていくのは、仕方のないことですが、もしも若返る方法があると言うのなら、試してみない手はありませんよね。
今まで、あらゆる手を尽くしても効果が得られなかった、そこのあなた。今度は、自分の中の遺伝子を信じてみてはいかがですか?

参考:
レスベラトロールの種類