おいしい上に美容と健康に効果的! 「玄米」のススメ


【98】画像1

ここ数年の健康ブームで、玄米は、健康や美容に良い食べ物の代名詞として広く知られるようになりました。収穫したお米からもみ殻だけを除いた玄米の栄養価は白米の何十倍ともいわれています。
今回は玄米がもたらす美肌効果に注目すると共に、おいしく食べるヒントをご紹介しましょう。

玄米パワーがすごいワケ

玄米を精白し、ぬか層や胚芽を取り除いて中の胚乳の部分だけにしたものが、普段食べている白米です。この取り除かれた糠や胚には、豊富な食物繊維、ビタミン、カリウム、たんぱく質が多く含まれており、精米してしまうことで、これらの栄養価がほとんどなくなってしまいます。

玄米にはこの糠や胚がそのまま残っているため、栄養価が高くなります。玄米を食べることでもたらされる効果は、むくみの解消、老化防止、ダイエットなどが期待されます。
玄米に含まれる代表的な栄養素を見ていきましょう。

・ビタミンE
「若返りのビタミン」ともいわれるビタミンE。ホルモンの分泌を促して更年期症状を予防するほか、体内の脂肪の酸化によってできる有害物質「過酸化脂質」を防ぐ働きがあります。
・ビタミンB1
炭水化物(糖質)をエネルギーに変換するときに不可欠なビタミンで、エネルギーの産生に欠かせません。ビタミンB1が不足すると糖質を効率よくエネルギーに変えることができず、イライラする、疲れやすいといった症状があらわれます。
・カリウム
ミネラルの一種で、生命活動を維持する上で重要な成分です。体内の余計な塩分を排出して利尿作用をもたらすことから「むくみ解消」に効果。
・たんぱく質
3大栄養素のひとつで、私たちの体の血液や肉をつくる大切な栄養素です。細胞を生成するのに必要な栄養素で、肌のターンオーバーを促します。
・食物繊維
おなかの調子を整えながら、体を守るためのいろいろな働きをかける重要な栄養素です。整腸作用により便通が良くなることで、老廃物が効率よく体外に排出され、体の内側からのキレイを支えます。

食べやすい発芽玄米でレッツ玄米生活

さて、これほどまでに美容効果がある玄米ですが、デメリットもあります。それは「食べにくさ」。玄米は水に一定時間浸すなど、白米ほど簡単に炊飯できるものではなく、うまく炊けなければ食感も堅くなってしまいます。
そこでおススメなのが玄米を発芽させた「発芽玄米」。見た目こそ玄米とほとんど変わりませんが、玄米以上に栄養分が吸収されやすく、ほどよく吸水しているので水分もたっぷり含み、玄米より柔らかな食感に。
また、白米のように糠を取る必要もないので、何度も水で研ぐ必要はなく、軽くすすぐだけでOK。炊飯も白米と近い感覚で行えますよ。

お肌にうれしい美肌効果がたくさん含まれた玄米。最初はいきなり発芽玄米だけを食べようと無理をせずに、白米との割合を7:3ほどにして、少しずつ慣れていくと抵抗が少ないかもしれません。
玄米を上手に食事に取り入れて、お肌に不足しがちな栄養素を補給しましょう。

参考:
美肌×レシピ 玄米の栄養と美容効果
なんとなく食べても効果ない?玄米美容の効果と注意ポイント

photo credit: atem_y_zeit via photopin cc