美容の大敵「タバコ」は百害あって一利なし! 禁煙で美肌を取り戻そう


【85】画像1

もしあなたが愛煙家で、肌トラブルを抱えているなら、高価なスキンケア用品やサプリメントを買う必要はありません。本気で美肌を取り戻したい方法はひとつ。

「今すぐタバコをやめること」です。

タバコが美容に悪いことはなんとなくわかっているのにやめられない人は、なぜ良くないのかということを正しく理解していないから!? 今回はタバコがいかに美容の大敵であるかを解説するとともに、タバコと老化の関係をみていきましょう。そして愛煙家のみなさん、ぜひこのコラムを最後まで読んでください。読み終えたとき、あなたはきっと禁煙を誓っているはず……。

嗜好品「タバコ」のすさまじい破壊力

「マイナス5歳肌」というフレーズは、アンチエイジング効果の一つの指標です。しかし、いくらアンチエイジングケアをしても、一瞬にして効果をゼロ、それどころかマイナスにしてしまうものがあります。それが「タバコ」です。

タバコは美肌のもとになる体内のビタミンCとコラーゲンを問答無用で奪い去ってしまう危険な嗜好品。なかにはタバコを吸っていても美肌効果があるサプリメントで補えばいいと考える人もいるでしょう。ところが、タバコの破壊力はすさまじく、1本で1日に必要なビタミンC100mgを破壊してしまうのです。

また、タバコの主成分である「ニコチン」は、血管を収縮させ、血行を悪くします。血流が悪くなると皮膚の温度が低下し、新陳代謝が悪くなることで、真皮の働きが衰えてきます。それはやがてしわ、たるみ、くすみなどさまざまな肌トラブルを引き起こします。いくらサプリメントや化粧品で補おうとしても、タバコを止めない限りあなたの体と肌は、確実に蝕まれていくのです。

スモーカーズ・フェイスがあなたを老けさせる

タバコの害はこれだけではありません。タバコを吸うと活性酸素が増え、その活性酸素は細胞内の不飽和脂肪酸と結びついて過酸化脂質(サビ)に変化します。りんごの切り口が茶色に変色する状態を想像してみてください。同じ現象が肌にも起こっているのです。この活性化酸素、1本のタバコを吸うと100兆個も発生するといわれています。

このように有害物質のかたまりであるタバコは、やがて外見にも影響を及ぼします。それが「喫煙者特有の特徴的な容貌=スモーカーズ・フェイス」。ビタミンCの破壊によるコラーゲン不足で「頬がげっそりこけている」、タールが沈着し「顔色が悪くなる」、一酸化炭素で酸欠になり「口唇が紫色」、活性酸素の影響で「深いしわが刻まれている」……。なんとも悲しい現象が現れはじめたころには、時すでに遅し。あなたの老化は喫煙で加速され、すでに進んでしまっているのです。

スモーカーズ・フェイスが顕著に現れるのは40代といわれていますが、最近では喫煙をはじめてすぐの20代でも現れると言われています。
残念ながら喫煙を続けている以上、スモーカーズ・フェイスを回避することはできません。スモーカーズ・フェイスにならないためには禁煙するしか方法はなく、禁煙は早ければ早いほど回復が望めます。

愛煙家のみなさん、いかがですか?
それでもまだタバコを吸い続けますか?

5年後、10年後も美しくあるために、今すぐやるべきアンチエイジングは禁煙です。美意識の高いあなたなら、今この瞬間から禁煙を決意されたはず。「タバコは百害あって一利なし」。禁煙はきっと肌本来の美しさを取り戻してくれますよ。

参考:
タバコを吸うとどれだけ美容に悪いか知ってる?
老化が加速する!? タバコが原因の美容面の悪影響
スモーカーズ・フェイス(たばこ顔)にならないために

photo credit: Gianni Dominici via photopin cc