汚れたままじゃダメ! メイクブラシやパフを洗ってメイク効果UP


【36】画像1

メイクに欠かせないメイクブラシやパフ、うまく洗えていますか? 洗ったけれども、ブラシの毛がごわごわになってしまった経験はありませんか? メイクブラシやパフは汚れたりごわついたりすると、メイク時の操作性が悪くなってしまいます。今回は、メイクブラシとパフに分けて、それぞれの好ましい洗い方とお手入れ方法をご紹介します。

洗う頻度はアイテムによって異なる

化粧パフおよびファンデーションブラシ、リップブラシは、肌に直接触れるので、本来は毎日洗うのがよいでしょう。またチークブラシ、アイシャドウブラシ、フェイスパウダーブラシは長くとも1週間に1度洗うことをおすすめします。

メイクブラシ(天然獣毛)の洗い方

天然獣毛は私たちの髪と同様、毛の外層部がキューティクル層です。したがって、石鹸や食器洗い用洗剤で洗ったまま乾かすと、キューティクルが開いたまま乾いてしまい、手触りがバサバサになります。つまり、天然獣毛は私たちの髪同様に扱う必要があります。

しかし、シャンプー&リンスにはブラシに残りやすい成分が含まれている場合もあるため、メイクブラシ専用クリーナーを使用するのが良いでしょう。専用クリーナーを使って、毛の根元から毛先に向けて汚れをやさしく押し出しながら洗います。その後、洗面器に張ったぬるま湯の中で毛を左右にやさしく揺り動かしながら充分にすすいでください。

専用クリーナーには溶剤(アルコール等)が含まれている場合もあり、頻繁に洗うことで毛を傷めてしまうこともあります。必ず使用方法に基づいて洗いましょう。

メイクブラシ(人工毛)の洗い方

人工毛を洗う際には、石けんや中性洗剤を使います。

ぬるま湯を口の広いコップまたは洗面器に張り、石けんや中性洗剤を少量溶かします。洗い方は天然獣毛の場合と同様です。

洗ったメイクブラシの干し方

天然獣毛も人工毛も同様、タオルで水気をとり、目の洗いコーム等で毛先を整えます。その後、毛先を下に向けて日陰で乾かします。

直射日光下での乾燥は、毛を傷めることがあるために避けてください。

化粧パフの洗い方

化粧パフを洗う際には、普段使用しているクレンジング剤または専用クリーナーを使用します。クレンジング剤は化粧パフについたファンデーション等の汚れを上手に浮かせてくれます。専用クリーナーは、汚れを落とす効果に加えて、パフを清潔に保つ効果を持ち合わせたものもあります。

洗い方は、汚れている部分に直接クレンジング剤または専用クリーナーをつけて、手で充分になじませた後、ぬるま湯でよく洗います。汚れがひどいようなら、これを2~3度くりかえします。

なお、洗っても汚れが落ちない、ごわつきがひどくなったというときは、化粧パフを交換するタイミングです。

洗った化粧パフの干し方

メイクブラシ同様、タオルで水気をとり、日陰で乾燥させます。化粧パフも直射日光下に干すとごわごわになることがあります。

汚れたメイクブラシやパフを使っていると、メイクが思ったとおりに仕上がらないほか、肌トラブルの原因にもなりかねません。清潔な手でスキンケアをするように、清潔な道具でメイクすることが大切です。それがメイク効果UPへの近道です!

参考:
意外と知らない、メイクグッズのお手入れ法
山本浩未のきれいのソース Q.76 メイクブラシを洗ったことがありません!
簡単に化粧のりが激変!プロも勧める化粧スポンジの洗い方と選び方

Photo:alli