化粧品の防腐剤フリーの裏側


01
化粧品は防腐剤が入ってないと、当然腐ります。
いい成分やいいエキスなどが入っていればいるほど栄養があるため、菌が繁殖しやすい環境ができます。

ですので、いい成分が入っているほどちゃんと防腐をしなくてはなりません。
腐った化粧品は誰だって使用したくないと思います。
そこで、防腐剤の登場です…。

防腐剤フリーとは?

防腐剤と言えば、パラベンが有名ですが、パラベンが嫌われています。
そこでパラベンを使わず防腐効果が上げる為にアルコールやエタノール、BG、グリセリンが使用されています。これらにも抗菌作用があり、この配合%を上げればある程度防腐はできます。
ただ、防腐効果は弱いのです。

それに、アルコールやエタノールは人によっては刺激になります。
水の次にエタノールやアルコールが記載されていれば、配合量が多くなります。
配合量が多ければ防腐効果は高くなります。

アルコールやエタノールの高配合のものは、夏場はスッキリした爽快感はありますが、肌が弱い方や敏感な方は、避けたほうがよいのです。

化粧品の薬機法では?

化粧品の薬機法で定められている製品の規定に、3年品質を保たなければいけないという項目があります。
防腐剤フリーで書かれている製品で、消費期限(もしくは製造日)を書かれていない商品について、エトヴォスはあまりオススメはいたしません。(ファンデ等の粉ものは別)

化粧品は開封後すぐ使い切ってしまうものでもないので、開封後の期間もある程度考えないといけません。開封後にすぐ痛んでしまったらイヤですよね。

使い方や保存状況によっては防腐しないと、菌が繁殖してしまいます。
雑菌がいっぱいの化粧品を塗るくらいなら、パラベン入りの方が本当にマシです。

手作り化粧品を作っている方なら分かるかと思いますが、作ったら必ず冷蔵庫にしまいます。
それくらい化粧品というのはデリケート。
防腐していない化粧品を暑い時期に外に放置すれば、すぐ腐ってしまいます。

ですので、エアレスボトル(真空状態の容器)や、消費期限(製造日)が記載され、容量が少ないもの(エトヴォスのベビーローションも製造年月日入り)がオススメです。

※エアレスボトルでも、製造中に菌が混入する場合がありますので、エアレスでも多少なりとも防腐剤を入れた方が良いのですが、菌検査などされてる場合は無添加でもよろしいかと思います。

防腐剤フリーという言葉だけで化粧品を選ぶのではなく、どうして防腐剤フリーで化粧品が作れるのか?
キチンと消費期限もしくは製造年月日が記載されているのか?
裏側をキチンと理解した上で選びましょう。

防腐剤が入っていない=肌に優しい

ではなく、どうして防腐しているんだろう?消費期限は?という疑問を先に抱いて下さい。
防腐剤フリーは化粧品を売るための宣伝文句の1つなのですから。