季節の変わり目。大人のゆらぎ肌は「Tゾーン」と「Uゾーン」にご注意を


季節の変わり目。大人のゆらぎ肌は「Tゾーン」と「Uゾーン」にご注意を

春を迎え、朝夕の寒暖差が激しい日々が続く今日このごろ。大人の女性のお肌は敏感で、ゆらぎやすくなっています。加えて新生活による環境の変化で心もストレスフルな状態に。そんなとき出やすい兆候が、TゾーンとUゾーンの肌トラブルです。
その原因を探るとともに、予防するために心がけたいこと、できてしまってからのスキンケアについてご紹介します。

大人のゆらぎ肌はなぜおこる?

乾燥しがちな寒い冬を終え、スキンケアもひと休み。……と、言いたいところですが、冬の間、紫外線に対する抵抗力が弱まっている春のお肌はダメージを受けやすくなっています。急激な気温の変化や新生活によるストレスも加わり、肌表面のバリア機能が低下。花粉やホコリによるダメージも気になりますよね。さらに夏に向かって気温も紫外線量も高まってくるので、お肌にとってはとても油断できない状態……!
このように、春特有のさまざまな環境の変化に肌が対応しきれない状態を「ゆらぎ肌」と呼びます。なかでも、額と鼻にかかる「Tゾーン」と、目尻から頬、あごにかかる「Uゾーン」の皮脂分泌量の乱れには要注意です。

パーツによって異なる肌質

パーツによって異なる肌質

普段はノーマルな肌質なのに、春になるとTゾーンがオイリーになり、Uゾーンが乾燥する人が増える傾向にあります。その原因は皮脂の分泌量に関係することをご存知ですか? それぞれのトラブルの原因と特徴をみていきましょう。

・Tゾーン
皮脂分泌量が多いこのゾーンは、大人の場合、乾燥によって皮脂の分泌バランスが崩れるといわれています。皮膚は乾燥から肌を守ろうと、必要以上に皮脂を分泌。その結果、毛穴に皮脂が溜まって吹き出物や毛穴の黒ずみがおきるといわれています。
・Uゾーン
皮脂腺が少ないUゾーンは、Tゾーンとは反対に、乾燥することで皮脂の分泌量が減少。肌のバリア機能が低下します。そのため、外部からの刺激に対応しきれず、吹き出物ができやすくなります。特に大人になってからのトラブルがおきやすいパーツです。また、ストレスからホルモンバランスが崩れ、荒れやすい部分とも言えます。

また、このようにパーツによって肌質が異なる肌質を「混合肌」といいます。肌のコンディションがゆらぎやすい春は、パーツに合わせたスキンケアをすることでトラブルを未然に防ぐことができます。

オイリーな「Tゾーン」のケア方法

皮脂腺が多いTゾーンは、もともと皮脂の分泌量が多いパーツです。まずは毎日の洗顔で毛穴に詰まった皮脂を取り除くことが基本となります。ところが、刺激が強い洗顔料を使用すると、肌に必要な皮脂まで落ちてしまい、皮膚は肌を守ろうと余計に皮脂を分泌しようとします。大人のゆらぎ肌に必要なのは、適度な皮脂は残しつつ、保湿をしっかりしてあげること。
ホイップ状の泡を肌にのせ、やさしく洗い流したあとは、たっぷりの化粧水で潤いをチャージ。行き届いた水分を逃さないよう、保湿クリームで水を閉じ込めることで乾燥や過剰な皮脂分泌を防ぐことができます。

乾燥しがちな「Uゾーン」のケア方法

乾燥しがちなUゾーンはとにかく「保湿」がカギとなります。基本はTゾーンと同じケアになりますが、保湿効果が高い乳液や美容液を用いた丁寧なケアを心がけましょう。
加えて、大人のUゾーントラブルの原因には、ストレスやホルモンバランス、食生活の乱れも考えられます。環境の変化から、自律神経のバランスが崩れ、心は想像以上にストレスを感じています。休日は読書をしてゆっくり過ごしたり、スポーツを楽しんだり、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。また、この機会に食生活を見直すことも解決の糸口になるかもしれません。

おこってしまったトラブルにはどう対応すべき?

おこってしまったトラブルにはどう対応すべき?

どんなに気をつけていても、デリケートな大人のゆらぎ肌は、ちょっとしたことが要因でトラブルがおこりやすくなっています。大人ニキビや吹き出物は肌が炎症している状態にあるので刺激は禁物。刺激が少ない化粧水や保湿クリームに切り替えましょう。
また、吹き出物ができやすい人の食生活をみると、肉やアルコール、塩分の摂り過ぎが原因になっていることもあるようです。胃腸に負担がかかると腸内環境が乱れ、肌トラブルの大敵、便秘を引き起こすことも。野菜中心の生活を心がけるととともに、肌のビタミンと言われるビタミンEを積極的に摂る食事を意識しましょう。
大人のゆらぎ肌には、内側と外側からの適切なケアがポイントになります。正しいスキンケアで、フレッシュな季節をトラブル知らずの肌で過ごしましょう!