香りのマナー大丈夫?TPOに合わせた香水のつけ方


香りのマナー大丈夫?TPOに合わせた香水のつけ方

「香水をつけない女性に未来はない」――なんともショッキングなこの言葉は、ココ・シャネルのものです。

シャネルに代表される香水は女性のたしなみのひとつであり、好きな香りに包まれていると気分も上がりますよね。でも、良かれとしてつけているその香り。強さによっては周囲に迷惑をかけているかもしれません。TPOに合わせたつけ方など、香水のマナーをご紹介します。

濃度と持続時間によって異なる香水の種類

一口に香水といっても、濃度によって4つに分類されます。濃い順に「パルファム」「オードパルファム」「オードトワレ」「オーデコロン」となります。その違いは以下のような持続時間です。

・パルファム……5時間~半日
・オードパルファム……5時間前後
・オードトワレ……3時間前後
・オーデコロン……2時間前後

濃度の濃いパルファム、オードパルファムなら1〜2滴、スプレー式が多いオードトワレ、オーデコロンなら3~4ヶ所にワンプッシュつけた時間が目安となります。

香りの変化を楽しもう

さまざまな香料を調合して作られる香水は、つけてからずっと同じ香りが続くのではなく、時間の経過とともにだんだんと香りが変化していきます。それぞれに呼び名がある、香りの移ろいをみていきましょう。

トップノート
つけた直後から10分程度の香りです。比較的ツンとしたキツイ香りとなるため、人と会うときや外出時は、次のミドルノートの時間を目安に香水をつけるとよいでしょう。

ミドルノート
香水をつけてから、30分~1時間くらいの香りを指します。ブレンドされたすべての香料がバランスよく香り始めるため、その香水のテーマとなります。

ラストノート
香水は温められると豊かに香る特徴があります。つけてから2時間以上経過した香りを「ラストノート」といい、体臭と混ざり合った香りを放ちながらやがて消えてゆきます。

TPOに合わせてつける場所を選ぼう

香りの変化からわかるように、香水をつけるタイミングは人に合う30分前がベストといえます。とくに食事の約束があるときは、つけた直後のキツイ香りは料理の味を損ねる危険があるので注意しましょう。

また、香水をつける場所もTPOによって配慮が必要です。手首につけるのが一般的ですが、手をよく動かす食事の場合、動くたびに香るのでおすすめできません。足首など下半身につけましょう。

香水には「下から上に香る」という特性があり、足首やひざの内側、ももの内側などのウエストから下につけるのが効果的とされています。香りで自分を表現したいときは、手首やひじの内側、うなじなど上半身につけると、香りを印象づけることができますよ。

自分に合った香りをまとい、上手に香水と付きあおう

自分に合った香水の見つけ方はいたってシンプル。気になる香りは迷わず試してみることです。時間をかけて似合う洋服やメイクを見つけるように、香水にも運命的な出会いがきっとあるはず。その香りはやがてしっくりと肌になじみ、「あなたの香り」となってくれることでしょう。

TPOに合わせた香水ライフを楽しんでくださいね。

photo credit: Jennuine Captures via photopin cc